上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スパナチュ風プリズンブレイクなお話。
グリーン・リバー郡拘置所。昔閉鎖した独房を開ける工事中。
中から怪しい冷気とともに何かが飛び出した模様。
囚人ランドールは、何かを察知し知らせるが信じない看守は、何者かに襲われ犠牲に。
アーカンソーの人類学博物館に侵入したディーンとサム。
あっけなく警備に見つかり逮捕されてしまう。
そして彼らを執拗に追っていたFBIのヘンリクセン捜査官とご対面~。
ヘンリクセン捜査官自身も意外だったように、
今回あっさりと防犯装置にひっかかって捕まえられた兄弟。
どうやら、グリーン・リバーの拘置所に入ることが目的だったようで・・・。
獄中での霊退治。これまでの仕事より、何より過酷な環境に
特にサムなど不安気で顔ひきつってるし~。
父ジョンの恩人だという”ディーコン”なる人物からの依頼だった模様。
最初は獄中で看守らの集団暴行を受け死亡したムーディーと言う囚人の霊が
独房から放たれての仕業と思われ、
ディーンが喧嘩騒ぎを起こしている間に、サムがムーディーの除霊を行うも失敗。
実は、霊はムーディーではなく、昔、拘置所内の暴動で死亡したナースの霊だった。
拘置所からの移送までに、そのナースの埋葬先を弁護士に調べることを依頼するディーン。
彼女からの調査結果を受け取り、ディーコンの助けで(看守の一人だったのねーー)
脱獄に成功し、ヘンリクセンは、またしても彼らの逃亡で怒り心頭。
なんとか弁護士に彼らの行き先の手がかりを白状させようとする。
ナースの墓で兄弟が除霊作業をしているとき、
ヘンリクセンらのFBIの追手も弁護士から聞いた墓地へ急行。
しかし、弁護士が別の墓地を教えていたために、
無事に兄弟は除霊と逃亡に成功。
ナースの霊に襲われかかっていたディーコンも間一髪で無事だったしね。
しかし、たしかに、ヘンリクセンの彼らへの執着はまた強まったみたいで
マジでヤバイでしょう~(爆)
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/228-4aabf5e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。