上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第18話 特殊部隊員の脱獄

元特殊部隊員のジャック・カーティンが脱獄し夜中に民家に侵入、
服を奪って逃走したと・・・。ジャックには、”S.O.F.”のティム・アベル。
(特殊部隊員にはピッタリですねーー。)
彼の罪状は、妻とケーブル工事業者の不倫を疑い二人を殺害した容疑。
彼を起訴したコールマン中佐にはディノッゾが聴取に行く。
殺害された妻の実家で暮らす一人息子ケヴィンのところには、
カーティンが現れた時の用心のためケイトが見張りにつくが、カーティンに逆に捕らわれてしまう。彼の言い分では、息子に別れを告げにきただけで、さらに自分は無実であるとし、逃走する。
事件のことと言い、今回の目前での父親の逃走劇と言い、
深く傷ついていると思われる少年ケヴィンを気づかうギブス。
逃走時、追うケイトが撃った散弾銃で負傷していると思われるカーティンは、
ワシントンD.C.の地図を手に入れ、誰かを追っているらしい。事件の真犯人か?
調査途中、別件でパッチがギブスに相談したがっているのだが、
取り込み中とし明日聴くことにするギブス。(これが次の事件で関わってくるとは・・)
カーティンの妻と業者の死因も違っていたのがダッキーの調べでわかる。
そしてカーティンが何としてでも狙おうとしていた相手と言うのは、
妻殺人の真犯人ではなくて、意外な真の不倫相手。
そして、肝心の殺人事件の犯人と言うのは、あの上官ってことよね?
女性の力じゃ、二人の首をへし折れるわけないものねぇ。
なんとも入り乱れた展開~(爆)(いずれにしても、一緒に殺害されちゃったケーブル業者は
ひたすら気の毒なだけってこと?)
せっかく、ティム・アベル登場だったのに、もうちょっと見せ場もあって欲しかったかなぁ。

第19話 ダイイング・メッセージ

警報が鳴り響くなか、エレベーター内でNCISの捜査官パッチの惨殺された死体が発見される。それにしても、なんともムゴイ・・・かなりです。(>_<)
頚動脈をまず銃で一発、そしてそれが致命傷となっているのだが、
その後、エレベーター内で腹を切り裂かれていたのだった。
前日にパッチが何か相談したい様子を見せていたのに、後回しにさせたギブスは、
自分を責める。
パッチは誰かの尾行をしていた。どんな事件を追っていたのかを調べ始めるギブスら。
パッチ宅を調べにかかったディノッゾとケイト、ちょうどかかってきた電話の相手はマクギーだった。パッチから3年前の未解決事件のファイルの調査を頼まれていた。
そして解剖で、パッチが絶命する寸前にデジカメのメモリーカードを飲み込んでいたことがわかる。
そのカードに保存されていたのはこの二日間で隠し撮られたと思える女性の様子。
そして、彼が追っていた事件は、ヴォス少佐がカード詐欺にて海軍の金1000万ドルを盗んだ事件、そして起訴される前に彼は自動車事故で死亡していて~。
ギブスらが出港前のヴォス少佐の元上官に聞き込みにいくが、
あれはスパナチュの黄色い目の悪魔よねっ?でも今回は悪さはしてなかった(爆)
まずは、パッチがしていたように、そのカメラ映像の女性の張り込みが始まる。
その女性アマンダと、ヴォス少佐との繋がり、そして実はヴォス少佐の事故死は偽装で
彼は生きていて・・・・彼女の前に彼が現れるのではないかと予想されたが、
なんと、さらに事態は急展開!その女性アマンダこそが、ヴォス少佐だった!
張り込みにかこつけてアマンダに接近しなんとキスまでしちゃったディノッゾが
そうとわかったときの顔って・・・・お気の毒。
最後、パッチの仇をとったのは、やはりギブスでした。
実は男だったアマンダ・・・・プロファイラーの後半のシリーズでのサムの後任者レイチェルよねぇ。やっぱメインなイイもんキャラよりは、こっちのほうが適役ではないかしら~?(爆)

第20話 消えた海兵隊員

バーで不倫相手の女性記者と飲み店を出たアトラス一等軍曹が何者かに拉致され姿を消す。
調査に乗り出したギブスらは、まず最後に入ったと思われるバーで聞き込む。
バーテンの女性と必要以上に親しげにするディノッゾの様子にイライラ度を募らせるギブスだったが、ディノッゾのお手柄で、アトラスの同伴者と思われる女性記者が判明する。
彼女に事情聴取すると、バーで知り合ったアトラスに、同僚が次々と失踪していて、
過去の勤務に何か関係があるかもしれない、自分の身も危ないかも~っと
打ち明けられていたことを語る。
アトラスの上官サッコに事情聴取する。彼はアトラスに良い感情を持っておらず怪しげ。
アビーの調べで、フィリピンに派遣されていた爆発物処理班の仲間が他にも3人失踪してることがわかる。そしてそのチームの指揮官もサッコ。
サッコを尾行し、また同じバーにたどり着いたディノッゾ。
店を出る彼のあとを追おうとした時、急に何かの薬物がまわり意識を失い、
アトラスが監禁されている場所に入れられてしまう。
彼の告白によりフィリピンでできた現地の恋人をコンテナ船に入れて連れ帰るつもりが
アトラスを含む失踪した者全員、出港間際にサッコに船をおろされたため、
荷物として積まれた恋人たちは出してくれる人もなくコンテナのなかで餓死したということがわかる。アトラスの恋人は、サッコから奪ったサッコの元彼女だったらしい。
監禁場所にサッコが銃を持って現れた時は、てっきりアトラスらの始末に来たのかと思いきや・・・
実は、アトラスや他の者に復讐をしていたのは、例のバーのバーテンの女性。
彼女は、コンテナからの唯一の生き残りだった。
ギリギリのところでサッコに救出されていた。
死んでいった他の女たちのぶんまで、8年かけて復讐をしていたらしい。
聞き込むディノッゾとイイ感じになって情報提供してたのにね、なんてこった。
ギブスがなぜか冷たくあしらった女性記者(赤毛だったせいか?(爆))は、
全くなんの関係もなかったってことかー。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/238-af0a83c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。