上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第4話 消えたパイロット

畑に突然現れたミステリーサークルとその中央の無人の海兵隊のヘリに驚く田舎の住民。
アビー好みの超常現象絡みの事件か~ともなるが・・・物証以前にj保安官も含め怪しげな住民達(爆)。
二人搭乗していたと思われたヘリは実は単独飛行で、行方不明となっているのはニューウェル大尉のみ。
現場にほど近い小屋の全焼も発見され、身元不明の焼死体が見つかるが、
死体は大尉ではなかった。
大尉の通話記録から地元の公衆電話の相手が割れ、彼に現地に実の弟が居たことが判明。
死体の身元は弟であり、大尉は海軍訓練知識をもとに捜索犬をもかく乱しつつ身を隠していた。
実際は、東西に分裂した田舎町の古い気質が災いしての殺人事件と
その隠蔽のために住民が騒ぎを偽造していた。
弟の身を守ろうとヘリで現場に到着したものの、既に間にあわず、
復讐を誓って身を潜めていた大尉。
ギリギリのところでなんとかギブスの説得に応じ投降。
アビーの分析そっちのけの超常現象フリークぶりに振り回されたり、
ディノッゾのいたずらに邪魔されたり、ギブスの無謀運転の洗礼を受けたり、
マクギーも鍛えられますなぁ~(爆)

第5話 名前のない大尉

マクギーの古巣ノーフォーク基地内でレイプされ絞殺された女性死体が発見される。
現場で検死にあたるダッキー。
ロンドンでの学会出席のため、早々に検証を終え引継ぎ出発するはずだったが、
身元不明のレイプ死体を再確認し様子が変わる。
死体の首に残された槍型の傷に、10年前の事件が蘇ったのだった。
ギブスにも報告もしないまま、ロンドンへも発たずダッキーが向かった先はノーフォーク基地。
10年前にも同様に海軍の制服姿でレイプ絞殺された身元不明の一般人と思われる死体があり、
その当時犯行を再び起こすという犯人のメッセージも残されていたのだった。
同一犯による犯行とDNAにより確認したダッキーは、
依然遺族の元へ帰されることなく保管している前事件の遺骨と、
今回の犠牲者のために、今度こそ犯人を捕らえようと決意する。
結果、今回のレイプ絞殺に関しては偽装で、犯人と言うのが、
今回たびたび登場しているノーフォーク基地でのマクギーの同僚クラクストン。
同性愛の恋人殺害を、彼女の父が10年前の事件を担当していた捜査官だったこともあり
その時の証拠を保管庫から盗み偽装していた。
ただし、そのDNAの持ち主、過去の事件の犯人は、
既に今回の事件より前に病死していたことが判明し全てが繋がる。
マクギーと親しげな様子にアビーがちょっとだけ嫉妬してみたり、
やけに捜査に熱心かつ緻密な捜査っぷりな下士官だったのにねクラクストン。
10年前の犠牲者の身元はわからずじまいだったけれど、
犯人の死亡も確認したことで埋葬され、ダッキーの重荷もなんとか解決となる。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/244-8018555d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。