上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第17話 目には目を

まさに”眼球”で始まった今回の事件(@_@)
ダッキーの手にかかる時、液体に浸けられているので、
まるで二つ揃って(爆)動いているみたいに見えるし、ウワァ~~~(>_<)
基地内の郵便、小包までああして共同(?)ポストに届くの?
間違って開けてしまった隣人、お気の毒な限り。お弁当箱みたいな中に眼球二つですからねー (((((^^;)
送られてきた眼球は女性の物とわかり、薬物摂取で殺害されたあと摘出されたものだった。
真の宛先はホーラッカー二等兵、諜報訓練センターの学生でもあり、
現在は休暇中で住居には不在とのこと。(珍しくディノッゾの調べが余裕~(爆))
留守中部屋をチームで調査中に本人帰宅。一人暮らしのようであるが、女性の物があったりと何やら不審も目立ち、ケイトとディノッゾで夜間張り込みを行っていると・・・
ホーラッカー、女装の上で自殺。あらーーーややゴツソウなのに、そっちの趣味だったか・・っと、
性同一性障害での二重生活の秘密を抱えての自殺かと思われたが、
まず眼球が送られてきた意味がわからず、彼が最後に通話した相手、担当教授のパーセルにあたる。
パーセル役が「羊たちの沈黙」のチルトン博士ですもの・・・怪しすぎます(爆)
で、パーセルは民間のスパイであり、何度も南米はパラグアイに赴いていて、
また今回もすぐ向かったらしい。ディノッゾとケイトが現地へ。
かすかに旅行気分でギブスに監視されずに済むと浮かれ気味な二人だったが、
もちろんギブスは厳しく衛星監視してました(笑)
眼球の主と思われる女性が、なんとパーセルの現地妻(しかも少女(>_<)やっぱ変態だ)
と判明するが・・。
結局、眼球は彼女のモノではなく犯人が間違って彼女の妹を殺害したモノであり、
現地でスパイ活動を行うパーセルを捕まえるには圧力がかかるが、
最後にはギブスたちにも繋がったネットワークで公開処刑(?)
事件の繋がり具合や真相がよくわからなかった今回でしたが、ま、イイか・・ (((((^^;)

第18話 スプリング・ブレイク

ビキニコンテストに出場予定のティファニー兵曹の変死体がビーチのトイレで発見される。
彼女には執着するストーカー男がいたり、また妊娠していたことも判明する。では相手は?
通っていたヨガ教室のトレーナー、リサとは友人でもあったらしい、
聴取中、リサの婚約者ケビン(この人も、CSI等でも出番多いよねぇ(笑))が
現れたあたりから、何やらどうも愛憎絡みか・・っと思えばまぁほとんど的中。(爆)
ストーカー行為を働いていた怪しい男は、仮出所していたものの、
ビキニコンテストの会場ビデオにしっかり映っていてアリバイ判明。
(彼を追って、マクギー”洗車”されちゃいましたが(笑))
ティファニーの雑誌投稿用の写真を撮っていたり、
彼女の髪に付着していたのがサーフボード用のワックスであったりと
ケビンとリサの関係は間違いないものの、実際に犯行に及んだのは、
犯行現場の指紋と一致したリサだった。
彼らの関係を知り嫉妬に狂っての凶行だったらしい。
事件解決後、友人らとパナマシティで浮かれまくるディノッゾ。
上機嫌の時に、さらに店でケイトの昔の記念写真を発見!高笑いが怖すぎデス。(爆)


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/255-65ad851f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。