上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第19話 モンスターの陰謀

ジェシカ・スミス下士官が自宅で何者かに襲われた・・・っと証言し、
ギブスらが捜査に向かうが、彼女の言動には不明な部分も多く~。
さらに駆けつけた担当医ウィットン少佐は、精神障害を病むジェシカの妄想として
事件性はなく、一旦は通院許可とした彼女を病院に戻す。
ジェシカの上官ヴェッター大佐が収賄の容疑でFBIからも調査を受けていることが判明、
ジェシカにも証言が求められていたため、その回避のための演技か・・・っとも思われたが
病院からギブスに電話で助けを求めた直後、病室で自殺をし発見される。
しかし、ダッキーの検死やアビーの分析により、彼女の死は殺人とわかるが、
調査中のFBIからは、またファーネルがお出ましで、NCISは事件から手を引けと促す。
結局は、収賄での利益をヴェッター大佐が隠していて、部下で不倫相手でもあったジェシカに
分け前を要求されていたが、ヴェッターは殺害は否定。
大金の隠し場所は大佐とジェシカしか知らなかったが、
ジェシカと病院のセラピーで親しかったキャサリン・レイノルズが
聞き出したジェシカの話から大金を奪おうと
やはりスミスの元同僚リン・サイモンズ(しかも同性愛関係)と組んでの事件だった。
キャサリン役の彼女、なかなか只者じゃない役柄で見かけること多いし(CSIとか)
まぁやはり・・・って感じデシタ。で、彼女もまさに正気だったってことよね?
怪しげな担当医は、特に事件に関わっていなくて、ギブスに言わせりゃただの”クズ”と言うか
無能だったってこと?ややこしくするだけの存在(爆)
前回発見したケイトのお宝画像をネタに、ディノッゾが好き勝手~(笑)
ケイトはどうやらアビーの協力を得て、偽画像で対抗策に出たが、
ラストでは、両方をギブスにメール送信することになるおバカな二人(爆)。

第20話 秘密クラブ

休出になったマクギーのところに、ケイトとディノッゾがお迎えかたが、突撃お宅訪問(爆)。
部屋を好き勝手に物色したりと、初っ端からさんざんなマクギー。
・・・が、皆が出かけたあとセクシーな美女登場だけど・・・誰っ!アビー以外の女性がっ!
マクギーのこと、ティム~って呼んでたよ~。
そしてマクギーが二人到着まで画面見てやってたチームの突入指令みたいなのは、
アレはただのネットゲーム?
事件は、大学の秘密クラブの儀式中にターナー三等軍曹の死体が発見された。
ターナーは予備役将校訓練部隊の寮生(なんじゃそりゃ・・)で、
物理や数学面でかなり秀でた逸材だったことがわかる。
転落死のようではあったが、ダッキーの検死で首の骨を折られての殺人と判明。
ターナーは反戦派の学生と対立もあった模様。
ターナーと親しかったブレイク兵曹も失踪をしていて、二人ともに同じ脅迫メールが届いていた。
そして、謎のハッカーからのインスタントメッセージが届き、
マクギーの追跡により確定した送信元の場所にギブスらが踏み込むと、そこは女子寮。
ディノッゾは嬉しそうだったが、ギブスはすっかりご機嫌ナナメ(爆)。
さらにブレイクの死体も発見され、同じように首を捻じ曲げるように折られていた。
ターナーと同じほぼ同じ頃に殺され建設現場に埋められていて~。
謎のハッカーは捕まるが、彼は捜査を翻弄して楽しんでいただけ?
中途半端に知りえた目撃情報を持ってたに過ぎなかったみたい。
真犯人は、ターナーやブレイクを監督する軍曹。
一騎討ちとなったギブスにハラハラだったが、そこはさすがにまだ現役デシタね。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/258-6c571666

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。