上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冒頭アリソンがうなされて目が覚めた夢・・・ギロチンとはまた~。
しかも中世のような髪だし、なんだそりゃ(・・?
首をバッサリと言うのは、風邪で熱はある、ノドは痛い、鼻はグシュグシュの悲惨な状況のアリソンだったのね。
風邪薬をなんとか飲んでTV前でグズグズウトウトしていると
子供の頃に再放送で見てファンだったという懐かしのドラマ「奥様は心が読める」が始まり、
いつのまにか、その主演の私生活でも夫婦であるアビゲイルとヘンリーと時をともにする登場人物スタッフのドロシーとしてコスプレ状態のアリソンの夢となっている。
息の合った夫婦役を演じる二人のようだったが、実生活での夫婦関係は
かなり微妙となっているようで・・・。
彼らと一緒に行ったバー(?)で、後方にショーン・コネリーが登場していると言うのが可笑しかった。(もちろんご本人じゃないけど(笑))
当時有名となった夫であるヘンリーが妻アビゲイルを射殺したと言う事件。
その真相がアリソンを夢で呼んでいたのかと思えば・・・。
自分が浮気相手でもあるドロシーを演じることで、事件当夜を目撃するアリソン。
アビゲイルを射殺したのは、逮捕されたヘンリーではなく、ドロシーだと気付き、カリフォルニアの刑務所にヘンリーに面会に行くことにする。
風邪で具合が悪いからと心配してれば、
依頼されたわけでもないので自腹まで切ってはるかカリフォルニアに行くというアリソンに
さすがのジョーも少々オカンムリ。
しかも面会したヘンリー老人は、自分が間違いなく犯人であると、
アリソンを追い返す。
泣き言と報告にジョーに電話するアリソン、冷たい態度を取ってもアタリマエのようだけれど、
やっぱりジョーは優しく(爆)、今度はドロシーの居場所の連絡が入ったと知らせコッチは大丈夫だから・・っと、励ますし。
彼女が居ると言う施設に寄るアリソンだったが~。
昏睡状態だったドロシーは直前に亡くなっていた。
生前、部屋で昔のそのドラマの再放送のTVをつけてあげていたということで、TVを媒介してアリソンに念を送っていたのだろうか・・・。
ドロシーを訪ねたところで、ヘンリーそっくりの男を見かける。
現場から逃げたドロシーが息子を産んでいて会ったことも報告するが
ヘンリーは、このまま何も知らせずに自分が罪を被ることを望む。
帰宅後、それでも何か釈然としないアリソン。
自分へ訴えかけてきているのは何をどうしたいのか?
実際は、射殺事件には真相が隠されていて、アビゲイルがアリソン家に登場する夢で全て告白してくれる。そういうことだったんだー。
最後に車椅子で登場しアリソンに礼を言うドロシーの姿。
やっぱり顔は出てこないのね。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/27-4d1768ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。