上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タムドクの指示どおり進軍し、ソッキュン城の無血開城を手始めに、
次々と攻略していく。
ソッキュン城主にタムドクの主旨を伝えるコ将軍。
(何気に、やはりコ将軍、渋くてかつ凛々しくて格好良いデス(*^_^*))
タルビとのことを少々からかいながらも(笑)、スジニとチュムチも息のあったところを見せながら好調に進軍。
騎馬隊到着までは~っと足止めをくらっていたホゲ隊にやっと騎馬隊合流。
しかしそこにキハの姿の無いことに動揺するホゲ。
崖でのキハの様子を目の当たりにした隊長は、キハが”やるべきことがある”っと国内城に引き返したことをホゲに告げる。
自分達の攻撃につられて戻る援軍を追うようにと言う伝言を
ホゲに伝えたあともなお捕らわれていたヒョンゴンのさらなる進言も聞かず、
百済軍の援軍が撤退を始めたという知らせに、ホゲは、使者ヒョンゴンを斬り捨てる。
ヨン・ガリョもまた、タムドクの驚異的な活躍が聞こえてくるものの、
その何倍もの兵を率いていっこうに勝利をおさめた連絡のこないホゲに苛立っていた。
一方、国内城に戻ったキハは、大神官に迫り、
かつて朱雀の心臓の持った火の巫女が、チュシンの王に朱雀の力を奪われたと聞かされていた話をし、
朱雀の力を取り戻し大地の母となることを言い聞かされていたこと、
しかし愛する人のためには、それはどうでもイイことだと思ったが、誤りだった・・・っと告げ、
パワーを使って、天地神堂を手に入れるべく大神官を襲う。


強行日程での進軍だったため、兵は日に日に疲れが目立ち弱っているタムドク隊。
百済の援軍が退いても動こうとしないホゲ隊に、
このまま時が過ぎると、自分達だけの力では戻ってきた百済の軍にひとたまりもないことを懸念する。
その時は、城も明け渡し退く覚悟のタムドクに、絶奴部族のフッケがひそかに動こうとしている。
さらにその様子をチュムチも観察し・・・。

苛立つヨン・ガリョに、火天会の大長老は、さほど動ぜず、
タムドクの進軍をわざわざクァンミ城に知らせたので、
天下無敵の力を持つクァンミ城主が、あっけなくタムドクを討ってくれることになるだろうと、
ヨン・ガリョに告げる。
さらにパソンの部下だったものを捕らえ、白虎の神器が北方にあるらしいことを聞き込んだことを伝え、
ホゲ隊を北へ向かわせ、白虎の神器を確保することを進言する。
・・・んーーー、なんかどうもいつも、偉そうな進言なんだけど、見事にズレてるんだけど・・・大長老(爆)。
だって、白虎の神器の守り主って・・・・なんでしょ(爆)
ま、イイけど (((((^^;)
その通り、ホゲ隊が北へ進軍することを知ったタムドク隊。
知らぬ間に、フッケやチュムチの部隊が、クァンミ城へ向けて出陣していた。
勝てるわけのない部隊を心配し後を追うタムドクら。
クァンミ城主は、高句麗の軍の接近に様子をうかがったまま。
できれば来ないで欲しい~~っと思っているほど。
攻めてくると、戦って全滅させることになるのがわかっているから・・・の様子。
しかしいよいよ静観するわけにもいかなくなり、少しずつ部隊が出陣していき、
肝心の城が少数の兵で手薄になってきた~攻めるなら今、っと
城の動きを監視中のフッケがタムドクに報告を飛ばす。
次回は、いよいよクァンミ城主との攻防?
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/271-db82b871

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。