上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
適応検査後プロマイシン摂取をしたダニー。
彼の母が突然血を流し苦しみ出し・・・その救急処置にあたった医療班も、さらに担ぎ込まれた病院でも、次々と同じように流血し始め、バタバタと多数が倒れ死亡する事態に。
ダニーの能力は、ウィルス型のプロマイシンを自然に拡散してしまう能力だったため、
その適応体ではない者達は、プロマイシン摂取をしたと同様に死に至ってしまう。

一方、ダイアナとの対峙でまともに被弾したトムは、瀕死の重傷状態。
ダイアナはもちろん、ミーガンやマルコもすぐに駆けつけ、
ショーンが呼ばれ蘇生も施される態勢となるが、
まずは刻印ある者とされているトムを元に戻すのが先決。
マルコによってトムの体内のナノロボット破壊がされ、さらにショーンにより救命が成功し、
トムはやっと通常のトムに戻る。

ダニーによるプロマイシンウィルスによる被害は、病院だけでなくすぐに周辺、
そして捜査員が持ち帰ったのかNTACにも蔓延し始め、次々と犠牲者が。
やがてはシアトル全域に広がり、封鎖される。
その混乱に、刻印ある者の一人、レベッカは、イザベルに次の指示を与える。
ジョーダンが連れ去られたことによりプロミスシティを率いるカイルを始末することだった。
ナノロボットが破壊され元に戻ったトムだが、気付かれないようにレベッカの元からジョーダンを奪還しようとするが、イザベルが新リーダーであるカイルの始末に向かったことを聞かされた時の一瞬の動揺をレベッカに見破られ、ジョーダンと一緒に再び捕らえられる。
ミーガンやダイアナら、プロマイシンウィルスでも無事であったNTACメンバーだが、
警察などの関連機関にも大きな被害が出たことで、シアトルの安全のために、
まずは影響が出ないプロミスシティに管理権限を委ねることを認めざるを得ない。
センターにショーンを訪ね嘆き相談するダニーには、バーコフ博士が抑制剤を投与しウィルス拡散を抑える処置を。
レベッカの命令でカイルを倒しにプロミスシティに向かったイザベルだったが、
やはり愛するカイルを殺すことはできずに、カイルに別れを告げ隠れ家に戻り、レベッカと直接対決。
(”24”の母娘コンビなんですよね・・・それにしても、コワイ親子(違う(笑))だったな。
シーズン3で鑑賞を萎えさせた原因はイザベルの存在だったと思うのですが(個人的にはね)、
このシーズン4でチラっと登場したレベッカを比べちゃうと、まだイザベル可愛く見えちゃうほど。
レベッカ、イヤ、24のシェリー、超苦手(生理的に嫌かも (((((^^;))デス)
イザベルには反乱に備えてキルスイッチが埋め込まれていたため、レベッカを倒すと同時にイザベルも、捕らえられていたジョーダンとトムを解放したあと、絶命。
バーコフ博士の分析により、プロマイシン適応体ではないもののダイアナが唯一難を逃れている原因は、かつて開発段階のプロマイシンを彼に投与されたからで、
ダイアナの体内にユビキノンと言う酵素が大量に作られているためだった。
その対処により、今回のプロマイシンウィルスを回避する方法をバーコフ博士が見つける。
ユビキノン、すなわち一般にコエンザイムQ10として市販されてる物を摂取すると、
ウィルス感染していなければ助かるらしい。
抑制剤を投与しウィルス拡散を抑えているダニーが危篤状態に。
拡散しない代わりに、体内で死に至るほど蓄積され続けていて、苦しむダニーは、
ショーンに手を下すことを願う。
イザベルのおかげで解放されたジョーダンとトム。
トムは刻印ある者の残り7人のリストをジョーダンに渡し極秘裏の処置を依頼。
超ハイレベルな権力者ばかりだそうな、政府やNTACでは手を出せないほどの。
(どんな人が刻印ある者とされてたんでしょうねぇ、気になる、未来人の狙い。)
その後、母と弟の葬儀を行う傷心なショーン。イザベルを失ったカイルも参列。
トムとともに三人で支えあう。
プロミスシティでは、ジョーダンがこの犠牲と、これからの活動を力説していた。
適応体であったためウィルスの難を逃れた者たち、ミーガンやマルコらNTACの者達にも
それぞれの能力が現れていた。
ミーガンは、ボールペンを花に変え、マルコは見つめる写真の場所へ瞬間移動!
そして、最後にカイルがトムの元にプロマイシンを携えてやってくる。”時が来た”と。
シアトルの表示板はプロミスシティと書き換えられ・・・・エンディング。シーズン終了。
中途半端な終了具合にはならずに、上手い具合におさめられたシーズン最終話ではあったと思う。
たしかスト続行時に次シーズン作成はキャンセルの決定が出されたんじゃなかったっけねぇ。
もしそうゆうことがなければ、この続きも作られていたかしら~。
少なくてもシーズン3より、シーズン4のほうが面白かったような気もするし。
プロミスシティのその後、なぁんてのもやはりチョット見たかったなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/290-a0aed313

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。