上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遊園地で父と遊ぶ少年。メリーゴーランドに乗って、父に手を振っていると、謎の男達が父を連れ去る様子を目撃。
ザック少年の一報により、父親はアレックス・タナー少佐だったことからNCISに連絡が入る。
(ザック少年、つい先日観た「ゴースト」2話の、ケニー少年の子、引き続きデス(爆)。)
さっそくディノッゾがザックに話を聞こうとするが、ディノッゾの話が回りくどく(爆)肝心の質問に至っていないことを指摘するザック。ギブスの質問に明確に目撃したことを証言する。
さらにしっかりとした記憶から目撃した男達の似顔絵作成にも協力を。
タナー少佐は国防省の重要プロジェクトの一員であったことが判明。
近年、Q&R社とのプロジェクト、”オナー計画”の責任者であったことがわかる。
マクギーとディノッゾでQ&R社を訪ねるが、ちょうどネットワークにハッカーが侵入したところで、オナー計画のソフトが盗まれると言う事態に。しかしそのソフトを動かせるのは失踪したタナー少佐のみ。
そのソフトは、どんな暗号も解読できる~と言うものらしい。
(Q&R社で登場した担当者コーネルとタナー少佐の上官ワイルダー中佐も、見るからに怪しげなんですけど・・・ (((((^^;))
既に母は亡く身寄りのいないザック少年、一旦は福祉事務所が連れて行ったはずだったが、
ギブスに父を連れ去った遊園地の男が目の前にいると連絡してくる。
現場に急行したギブスの目の前で、あわや連れ去られそうになるザックだったが、ギブスが奪還。
(しかし白昼、通りで銃撃戦ですよ・・・)
NCISにザックを連れ帰ったギブス、二人の様子を微笑ましく見つめているのかな局長ジェン・・・っと思ったけど、ジヴァの話によればどうやら機嫌は悪いみたいで(銃撃戦騒ぎのせいもある?)、
さっそくギブスはお呼び出し。
アビーたちの分析によっても、ソフトを盗むためにQ&R社のネットワークにウイルスが放たれたのもタナー少佐の端末からと言うこともあって、失踪誘拐騒ぎはタナー少佐の自作自演疑惑が浮上。
ギブスは、父を信じてやまないザック少年の感を信じ、タナーの無実を信じる。
遊園地へ向かう前にタナーの口座から全額預金がおろされていたり、ザックが誘拐されそうになった車のナンバーを覚えていたことから突き止められた車の現在位置に向かうが、中にはその時の男の一人が既に死体となっていて発見される。
ギブスとの銃撃戦により肩に一発食らった男が、足手まといとなり味方に(ジヴァの分析によるとタナーに)始末されたらしいと~。
車に残っていた携帯の履歴にコーネルの番号があり、彼の端末にも不審な状況があったことから、逮捕し取調べが始まるが、タナーの容疑が晴れる証拠も出てこない、むしろ、残された銃の弾倉の弾にタナーの指紋が発見され疑いが深まる。
自宅でギブスとザックが過ごしているところにジェンが訪問。タナーへの疑惑をさらにギブスへぶつけるジェンとの会話に、父の無実をひたすらザックが訴える。
形勢が逆転したのは、CIAにも貸しがあると自負するジヴァが入手した情報。
一連のタナーの容疑を裏付ける証拠も濡れ衣らしく・・・。
ソフトを動かせるタナーに拷問してまで犯人らは迫っているらしく。
ディノッゾが入手してきた誘拐犯が携帯を買った店の防犯ビデオに映っていたのは、Q&R社の受付のローラ。短時間で白状させるために、ジヴァの尋問が始まる。
ギブスとマクギーがコーヒーを買いに行った間に、尋問(拷問? (((((^^;))終了。
タナーの監禁拷問場所も割れ、間一髪で救出に成功。
黒幕は、タナー少佐の上官で親友だと言ったワイルダー中佐だった。
(ローラが白状した人数や証言から、怪しげだったコーネルは無関係だったわけね。)
ギブスと一緒にコーヒーを片手にワイルダーが黒幕だったことに、ショックを受けるザックの様子は、まるで大人な雰囲気。(爆)
しかし、無事に目の前に父が現れると、一気に無邪気な少年に。
しばし過ごしたザックとの時間と、それに重ねるようにギブスが思い出したのは、亡くしたという娘の姿なのかな・・・。
このザック役にしても、「ゴースト~」のケニー役にしても、それぞれ微妙な表情まで見事な演技、演じ分けな子役Joseph Castanon君でした。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/316-ae16f755

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。