上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内紛の危機による後燕からの救難の書状に、スジニの言葉を見つけ、チョロやヒョンゴ、そしてタルビとの家を用意してもらって嬉しそうなチュムチを連れて後燕の龍城に向かうタムドク。
またしても自ら出て行くタムドクに、コ将軍など心配でしょうがない様子だったが・・・(コ将軍、心なしか老けた感が・・・)。
内紛から太子を守るためにこれから出向くというコ・ウンの屋敷に、キハの子を連れてコ・ウンの娘の(家庭教師?)先生をするスジニの姿があった。コ・ウンは女、子供だけが屋敷に残ることになるのは危険だと娘を連れて安全な田舎へ一時身を隠すようにスジニに告げていた。
高句麗へ送った書状のあと、平服で現れたタムドクら4人を、王からの使いの者と思ったコ・ウン。
さらに高句麗からの援軍は無しで来たのは彼ら4人だけと知り落胆。
しかしタムドクは涼しい顔で太子救出に手を貸す申し出をする。
そして、一度は田舎へ向かおうとしていたスジニが異変を察知し一旦城に戻り、タムドクらの姿を物陰から見ていた。(スジニ、髪も伸び、雰囲気が前よりずっと女性らしい。スジニと言うより、前世のセオに近くなった感じ。タムドクもそしてチョロもその気配を感じたような・・・。
タムドクらの加勢のおかげで無事、太子の救出に成功。
タムドクとチョロが酒を仲良く呑んでいる様子(チョロは相変わらず無理矢理っぽかったが(笑))を物陰から微笑ましく見つめ、また立ち去るスジニ。
コ・ウンは、その昔、後燕の捕虜となっていた高句麗の王妃(タムドクの祖母ってこと?)から祖父が預かっていたと言う巻物を、高句麗の王へ渡してくれるようにとタムドクがその王だと知らずに差し出す。巻物には”天弓”と言う文字が・・・。”天弓”と言う二文字しか書かれていない巻物を見て、ヒョンゴが驚く。その前文がコムル村にあるものだったからで、文字は巻物に隠されているのだと言う。
後燕から戻り、コムル村でヒョンゴが巻物に隠された文字を炙り出す。
書かれた内容は、天弓に関するもので、天弓を扱えるのはチュシンの王のみ、そして四神を生かすことも殺すこともでき、神器を壊すこともできると書かれていた。
神器を壊すと天弓も壊れ、チュシンの王も死ぬ。それゆえチュシンの王だけが呼び出せるチュモ神剣に天弓は隠されていたのだと。他の者に知られてはならないため、巻物の焼却を勧めるヒョンゴら。
そこに百済が進攻しているとの知らせが入る。百済が攻め込もうとしている水谷城へ、タムドクも兵を連れ向かうことに。出兵にあたって、タルビに鎧を嬉しそうに着せてもらうチュムチの姿。(この二人の熱いシーン、多いっすね。そして彼に対しての冗談を言うコ将軍がボソっと言うのがまた可笑しい(笑))
水谷城やクァンミ城、それ以降も度重なる百済の進攻をことごとく打ち破り退けるタムドクの軍だった。
だいぶ時が経ち、タムドクには髭が・・・。コ将軍はまた老けた~(爆)
そして百済への大遠征が始まる。
勝ち目の無いことを悟った百済のアシン王はタムドクの前に跪き、敗戦を認める。
百済の名を残すと言う条件のもと、自決を促されこれに従うアシン王だったが、寸前でタムドクが止める。赦し、兄弟として高句麗と百済が手を結ぶことを告げるタムドク。
その頃、アブルランサ寺では、自分の子を連れて姿を隠したと言う妹スジニの行方をキハが必死に探させていた。
再びチュムチとタルビの熱々なシーン。タルビはいつの間にか妊婦姿に。二人を眺めるパソンらの様子も、もう見てられない・・・って感じ。(爆)
さらに時は経ったようで、タムドクも少し老け顔(髭面も)、コ将軍やフッケらなどももっと老けてるし。
突然、後燕の三万の軍隊が高句麗との国境付近に進軍中との知らせが入る。
また、新羅の使節団が倭に攻められての応援要請に来る。(倭って、日本のこと?)
これらの突然の動きを操っていた裏には、ホゲが、そしてキハがいた。もちろん大長老も。
(ホゲ、髪型が以前よりこのほうが全然良いじゃないの、顔の長さ目立たないし (((((^^;))
キハは、大長老にコムル村から玄武と白虎の神器を奪ってくるように指示を出す。
高句麗へ向かう旅の途中のコ・ウンが途中でスジニとその子アジクを見かける。
かつてタムドクが救った太子は毒殺され、その後を継いだ王が火天会に操られ進軍していると知らせに来ていた。
また、北魏の大将軍は高句麗出身のキ・モインと言う男、訓練方法も高句麗と同じらしい。
さらに途中で見かけたスジニのことをコ・ウンが告げ、タムドクらがその場に急行するが既に引き払った様子で~。
・・・が、移動中のスジニ、湖の側で、その馬車が立ち往生しているところにタムドクが追いかけてきて、数年ぶりの再会となる。
次回がいよいよ最終話!
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/318-e20881d0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。