上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スジニとタムドクの再会。それでも去ろうとするスジニに”お前がいるところが宮殿だ!””黒朱雀になっても守ってみせる!”って、これってプロポーズみたいなもんじゃ?
タムドクの言葉を受け入れることにしたスジニ。ヒョンゴやチュムチ、そしてチョロも再会を喜ぶ。
しかし神出鬼没な火天会の大長老(爆)が現れ、すでに印を付けて操れるようにしたカムドンの記憶を吸い取りスジニとキハのこと、そしてスジニが連れていた子アジクのことを知る。
すぐにコムル村を襲撃し全滅させ、玄武と白虎の神器をあっと言う間に奪う大長老。
(しかし、知恵者集団ではあっても、決して武力では強そうではないコムル村だもの、多少、術(?)を使えたくらいじゃ神器を保管しておくってのは、もともと無理がないのか?(謎))
その直後に村を訪ねたヒョンミンは難を逃れたけれど、仲間を皆殺しにされた嘆きと言ったら・・・。
アブルランサでホゲはタムドク軍が追ってくるのを待っていた。それがキハの望みだから~。
やがてヒョンゴのもとにコムル村全滅と神器が奪われた知らせが入る。
次々とタムドク軍には援軍が加勢されてはいくが、まだまだ後燕の軍の数には及ばない。
ヒョンゴもこのままタムドクがアブルランサへ向かうのは勢力的にかなうわけもなく、神器が揃っているところへタムドクが行くとその心臓を渡しに行くだけだととめる。
その彼の動きを誘導するために、今度はまたカムドンを操りスジニの隙を狙ってアジクを誘拐する火天会。スジニも胸騒ぎがしたのか、すぐに戻るのだが、既にアジクはさらわれたあとで・・・。
書状が残されており、そこには王の子を救いたければ王本人が来いと。
スジニが全てを話し、ようやくタムドクは、アジクがキハと自分との間の子であることを知る。キハとスジニが姉妹と言うことも。
(覚悟を決めて合流したのだから、スジニも早く話しておけば良かったのに・・・っと思うのだけど~。そしたら、もっと警備もするでしょ?)
もはや躊躇なく出陣を決めたタムドク、フッケらの軍も加わり総勢で、ホゲ率いる後燕と火天会の連合軍と戦うことに。
戦いの前に、ホゲに、大長老より先にタムドクを倒し、その心臓で封印を解きチュシンの王となることを促すキハ。そんなキハが、同時に自分も死を選ぶだろうことを察知してるホゲ。
決戦はもちろん死闘となり、フッケが命を落とす。
だいぶ老いた感のフッケの最期、タムドクの戦いっぷりを満足そうに見届けながらの絶命。

その頃祭壇で神器を並べ待つキハ。大長老がアジクを連れてくる。タムドク軍が防衛線を突破したのでもう待っていられないと、アジクの心臓で封印を解かせるつもりらしい。
死んだと思っていた我が子との対面に動揺するキハ。もちろんいくらキハでも大長老の言うがままに我が子の心臓を取り出せるわけもないのだが・・・。
戦場から一人離れ、祭壇にやって来て大長老の企みを阻止しようと立ち向かうスジニだが、その力にはかなうはずもなく~。
大長老がキハにのりうつり実行させようとするのと、そんな大長老に抵抗し葛藤するキハ。
(このシーンがまぁ長いんだなぁ~ (((((^^;))

戦場では、ホゲの槍によってコ将軍が・・・タムドクの腕のなかで絶命。
幼い頃からずっとタムドクを守り導き従ってきたコ将軍、彼にとっては一番満足のいく死に場所だったんだろうけれども、タムドクの哀しみは大きく、これでやっとホゲを討つ決意が固まったらしく、
ホゲの槍を奪い彼の胸に投じる。
だったら・・・前の一騎討ちの時にやっつけておけば良かったのに・・・ってとこなんだけど、やはり幼少期には培っていた友情を思うとタムドクは非情にはなれなかったんだろうねぇ。

祭壇の前で、大長老とキハの闘い。剣がアジクの手に斬り付けられたことで血が流れ封印が解かれ、同時にキハは黒朱雀となって炎に包まれる。
古のセオがそうだったように、我が子の命を思う母の感情が変身させるのか、黒朱雀となるのはスジニではなくて、キハだった・・・ってことなのね。
アジクの身を庇って祭壇からおろすスジニと、ホゲとの闘いを終えてタムドクがスジニとアジクのところへ駆けつけて来る。
大長老はすかさずタムドクに襲いかかるが、今回はタムドクの力が勝り、大長老は黒い霧のように砕け散る。
そして、燃えさかる黒朱雀の炎となっているキハに天弓を引くのかと思いきや、天弓を折る。
この瞬間に、祭壇の神器も消滅し、それぞれの守り主も(タムドクはホゲを討ったあと祭壇に駆けつけて来てたけれど、チュムチもチョロもヒョンゴもまだ戦場で戦っていたじゃないのっ!(爆))
衝撃を受けていたようだけど、守り主から普通の人間に戻ったってことかしら~?

タムドクは、キハを信じきれなかったことをわび、人間は過ちをおかすがそして過ちを悔い改め学ぶのが人間なのだと、人間の力を信じ、いつか後世の者が人間の力で真のチュシンの王となり夢をかなえてくれることを信じ、天の力は天に返すと言う答えをタムドクは出し、光のなか天に昇り、黒朱雀の炎のキハも消える。
スジニにアジクを託した形で自分はキハを救い天に帰った・・・・ってことなんだろうけども、
結局は古のファヌンがそうだったように、我が子を置いて~~って感じだよねぇ。
ファヌンが神器を封印して天に戻ったのと似通ってないか~?今回は神器は消滅させちゃったけども。
2000年の時を経ても、やはり血筋(?)とか思えちゃったりもしましたが~ (((((^^;)(爆)。
まぁ、その後、タムドクの願ったように、人間が人間の力で過ちをおかしながらも学習していき、国を治めていくってことなのよね?
・・・ってことで、最後の最後に、スジニやアジクも含め、守り主であったチュムチ、チョロ、ヒョンゴらを放置して(しかもまだ戦っていたし(爆))おもむろに去って行ったのが、なんか拍子抜けしちゃいましたが、長かった太王四神記も終わりました。
まぁでも、最初、どうなることやら・・・・っと躊躇したわりに、最後まで楽しめました。
これ以上、長編だったら無理だったろうけど~ (((((^^;)
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/325-09e16a56

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。