上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冒頭のホリスに説明する拘留中のエレンの話で、デービッド殺害事件とエレンの関わりが多少はっきりした。前日にデービッドと喧嘩をし指輪を置いてエレンはアパートを出る。(指輪を置いて出るってことは、あのライラあたりが何か絡んでるのかな?)
週末留守にすると言うパティ宅に泊めてもらうエレン。男が侵入してきてエレンを殺そうとするが反撃しもみあいになりナイフで逆に男を刺してしまい、無我夢中でデービッドのもとへ向かうと、部屋は争った様子がありバスルームでデービッドの死体を発見するエレン。そしてドアを叩く音に驚き、窓から外へ(ココって何階だったっけ?)・・・そして警官に捕まる。
・・・ってとこですか?エレンを襲って逆に刺された男は、エレンの話じゃ全く知らない男のよう。
しかしパティの家には男の死体はおろか争った痕跡もなく、パティも行方不明~らしい。
また、パティ宅に泊まっていたことを知っていたのはパティだけ・・・っと言うことで、エレンは襲ってきた男はパティの指示だと思っているらしい。さらに凶器からエレンの指紋が出て、エレンは逮捕されてしまう。

そしてグレッグ。フィスクに安ホテルにかくまわれているようだが、チョット外出した隙に召喚状を受け取ってしまう。フィスクは召喚状無効の申し立てをすると言うことだったが・・・。
さらにフィスクにジョージが接触してきて、グレッグは足手まといだと告げる。グレッグを庇うためにもジョージに無謀な動きをされると迷惑だとけん制するフィスクだが、無効申し立てが却下されればグレッグはパティに厳しい追求を受けるぞとジョージは脅す。

更生施設に入れた息子マイケルをそろそろ出すかどうかの判断をパティ自身が求められていた。マイケル本人に打診するパティだったが、彼は家には戻らないまだ施設に残ると主張する。
そんなマイケルの返事に苛立ったのか、トムとエレンが親しそうにしているのが気に障ったパティ。
トムが独立を考えた時に引き抜きをもちかけられなかったか?っとエレンにたずねてみたり、トムの動きを監視して何かあったら報告するようにエレンに言い渡す。

鉄腕パティも録画機器にはお手上げな様子で、フィスクと一緒に出演したトーク番組(?)の録画をするだけで悪戦苦闘イライラ。あげくには夫が録画した番組(野生の王国、”ヒヒの回”だって^_^;)まで誤って消去する始末で、意地になって自分でやろうとするが、結局、録画操作も夫頼み。
パティ側から、グレッグとフロビシャーが同日に株売却をしたと言うことを掴んだ証拠が提出され、召喚は有効と決定される。
グレッグの召喚が決まったことで、フィスクはグレッグにどこか遠くに逃げるように言いに行く。
早く終わりにしたいから逃げないと言うグレッグに、自分はもう守ってやれない、若いからやり直せと泣きそうな声で告げるフィスクと、そんなフィスクにすっかり騙された、フィスクの人生は嘘ばかりだと言うグレッグの関係って?(最初タダならぬ怪しい関係かと思ったけど、まさか隠し子とかそうゆう類ってことはないよね?ともかく、フィスクがグレッグを個人的に大事に思ってることには間違いなさそうなんだけど・・・)
そして例のジョージは、髭の男にいよいよグレッグの始末をさせようとしてる?
エレンとトムとの信頼関係を崩そうとするのがパティの狙いなのか、まぁ見事にこの二人はパティの揺さぶりによってあっと言う間にギスギスした関係に。
いつもならトムに頼むんだが~っと言う私用、息子マイケルに対しての親権放棄の申請書の準備をエレンにさせたパティ。それを持って施設でマイケルに渡し彼の出かたを見る。家に戻りたがらない息子をその気にさせるのは逆手を取ったこの手段が効くと読んだらしい?
読みどおり、マイケルは家に戻ってきたみたいだし。
宣誓供述の日、パティが付けた見張りを振り切ってグレッグは逃亡する。パティと待っている所で、フィスクは内心、イイぞ~無事に逃げろよ~っと祈ってるようだった。もちろん、逃げるグレッグの後をジョージに指示された髭の男がしっかり尾行しているのだが・・・。

逮捕されたエレンに、ようやくトムが面会に現れた様子。そんなトムにパティの居場所を探して欲しいと頼むエレンだったが、トムは全くわからないと~。さらにフィスクの件がパティはかなりこたえていた~っと。(フィスクにも何かあったようだ。)・・・そして今回の事件は専門外だからホリスに任せたほうが良いと言うトム。
そのトムがすぐにパティと連絡を取るとエレンは読んでいた。面会直後、パティに連絡を入れ、今は戻らないほうが良いとパティにトムが告げている理由は?
エレンもまた、トムがパティに会うはずだから見張ってくれるようにホリスにすぐに連絡している。
事件後もなんだかそれぞれ動きに謎のある人達ばかりねーーー。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/327-bf54d4e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。