上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冒頭、生まれながらにして能力のあるアリソンが、その年代ごとに、何かモノに触れても強いエネルギーがある場合感じとってしまうことが語られている。

夜中に走行中の車、ドライバーが歩道橋から狙撃され即死すると言う事件が発生する。

ジョーの誕生日の日の朝、まだプレゼントの用意が済んでいなかったアリソンは、大慌てで開店を待って電気店へ。ビデオカメラを買おうと思うのだが、予算の都合で新品ではなく、店員オススメの返品されたビデオカメラを割引価格でゲットする。
店頭で、まだバッテリーも装着してない段階から、カメラから発せられたビジョンを見るアリソンだったわけだが・・・どうやら前の客の撮影映像?盗撮マニアと文句言われながら、その対象となる若い女性の映像が映っていた。そして買って持ち帰ると、次に映ったのは、さっきの女性とカメラマンがどうやら恋人関係になった様子な映像。女性はキャシー、カメラマンはトラヴィスと言う名らしい。

歩道橋から狙撃され死亡したのは、クラブでカードゲームをした後、帰宅途中のカフィー夫人と判明。
その夫、ショーン・カフィーは、涙ながらに犯人逮捕を願う。

ジョーの誕生日プレゼント。アリエルからはコロン、ブリジットからは手作りの灰皿。(ジョーは煙草は吸わないのだが、なんでもブリジット毎年灰皿を手作りしてプレゼントしているらしい(笑))
そしてアリソンからは例のビデオカメラ。
またその夜、勝手にビデオカメラの電源が入りアリソンに映像を見せる。
キャシーは医者の妻でトラヴィスは浮気相手。そしてキャシーは夫に暴力をふるわれ、夫の死を望んでいる・・・っと言う映像。再び電気店に行って返品した客のことを問いただすが、店員はもちろん映像などわかるはずもないし、教えてくれるわけでもない。
スキャンロンは、カフィー夫婦が不仲であり、離婚の場合、夫には何も残らないが、妻が死亡すると多額の生命保険や遺産が夫に入るという事実を得て、夫ショーンを聴取のため呼んでいた。
(スキャンロンとリン・・・何かにつけてトゲトゲしい~~まだ破局が影響してるのねぇ)
ショーンを聴取する様子を眺めてもアリソンには何も感じるところがない。ビデオのキャシーとトラヴィスのことが気になるばかり。ショーンは容疑を全面否定。

ビデオカメラで家族を撮影するジョー。
なかでもブリジットのスプーン鼻のせダンスは最高!(よくできるもんだーーー(笑))

寝る前に箱にしまったはずのカメラがまたアリソンに映像を見せる。
狙撃事件の起こった歩道橋からキャシーの夫の車を待ち伏せし狙撃するためにトラヴィスとキャシーで予行演習をしている時の様子。このことから、狙ったキャシー夫ではなくて、誤ってカフィー妻が狙撃されたのではないかと思うアリソン。どうやら共通するらしいクラブにスキャンロンと向かい、キャシーと言う医師の妻を探すが該当者は無く、偶然そのクラブの従業員ダイアナと出会う。
彼女こそビデオに映っていたキャシーのようなのだが・・・。
勝手に電源が入ってしまうからとアリソンがカメラを店に返品することを決めると、またカメラが映像を見せる。今度は他人を銃撃してしまったことを嘆くトラヴィスと彼を自殺に見せかけて撃ち、次にカメラを電気店に返品しようとするキャシーの映像。
そしてまさにそのとおり、トラヴィスという元狙撃兵の自殺と見られる死体が発見され~。
電気店の店員の証言もあり、アリソンがビデオで見せられた女性キャシー=ダイアナと言うことが証明され、トラヴィスを操ってカフィー妻を狙撃させることをショーンの交際相手だったダイアナが多額の金目あてに企んだ事件だったことが判明する。
たしかにビデオの返品は彼女と証明され、トラヴィスの相手キャシーと同一人物と言うことは証明されるわけだが、映像はアリソンにしか見れない物だし証拠にはならないから・・・まぁ、ダイアナの自白か
トラヴィス殺害で残された何らかの証拠(銃とかねー)から彼女の容疑を証明するってことなんだろうね。
それにしても、キャシー、イヤ、悪女ダイアナ。別にあのビデオカメラを欲をかいて返品したりせず、
そのまま本体だけトラヴィスのとこに放置してるか、捨てるか、持ってるかしてたら、回りまわってアリソンの元に来なかっただろうにね。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/328-88f3f785

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。