上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モーテルでの熱いひとときなのかと思えば、スーツケース殺人の容疑者としていったんは逮捕された男がまさに目の前に・・・じゃ、被害者女性、またはアリソンであっても驚愕、戦慄だろう・・・・な冒頭の夢。
夢で見た有名なFBI心理捜査官クーパーが検事局に現れて、興奮気味なアリソン。
しばらく会議室を作戦本部として使うためにクーパーは居るらしいが、デヴァロスは、アリソンと彼の接触を良く思ってないみたい~嫌な予感がするのだと。
デヴァロスの予感的中(爆)、分析に対して次々とクーパーに質問を投げかけ、今回の事件も過去の容疑者ゴメスの仕業ではないかと直感から指摘するアリソンと、それを否定する彼は一触即発状態。
再びゴメスの殺人シーンを夢で見たアリソンは、そこで見た灰皿の文字を書き留める。
スキャンロンの調べによると、その文字は、メキシコーのモーテルの物で、ゴメスに似た人物が利用したこともわかる・・・ただし、9年前。そして麻薬絡みの事件でその部屋でゴメスは銃殺されていた。

ジョーの気がかり、末娘マリーがTVのチャンネルを何も映っていない砂嵐状態のところに何度もすることを職場で同僚アーロンに何気に話すと、親戚の子が心を病んでいた時の症状だと言われたこと・・・。(しかし、仕事のアイデアに窮しボードにしばし頭をうちつけっ放しのアーロンのほうが、大丈夫か?状態でしたけど~(爆))
見逃されていたゴメスの死亡が確認され、アリソンを認め、これまでの失礼な態度を謝罪するクーパー。今回の事件の容疑者ウォーレンの事情聴取も同席して力を貸して欲しいと言う。
アリソンがウォーレンが犬を虐待しているビジョンを見たことから、自宅ガレージが捜索され犬が発見され、事件の被害者に付着していた犬の毛と一致する。
そして次にアリソンが見たのは、メキシコのモーテルで女性殺害後のゴメス。
まさにのこぎりで死体をバラバラにしようとする時、部屋に現れたのが、なんとクーパー。
彼は問答無用でゴメスに発砲していた。
クーパーが取った手段が夢のとおりなら・・・っと対応を悩むアリソン。
さらに検事局では、デヴァロスとクーパーに何か衝突があったようで~。
ウォーレンの死刑を望むクーパーと、犬の毛だけでは物証に足りないため全ての自白で終身刑にする司法取引を主張するデヴァロスと衝突していた。

心配だったマリーのTVのCH選択が、アーロンとの電話中に有料CHであって、決して砂嵐を好んで見ているのではなく、他の人には見えないけど、マリーには見えて楽しんでいることがわかりホッとするジョー。これもマリーの能力なんだーー。ジョーに言わせれば法をおかしてるけど(爆)お得な能力ね♪(ついでに家族にも見えれば良いのにね)

クーパーがウォーレンの証拠物件を隠す夢を見た後、まさにその証拠紛失が判明し釈放され会見をするウォーレン。
クーパーの意図がわかり、今回もゴメスの時のように個人的に始末するようなら放っておかないとクーパーに迫るアリソンだったが・・・。
被害者達のことを考えると、アリソンに自分を告発することは難しいだろうとする自分の直感を語り去って行くクーパー。
まぁでも、結局は、やりかたが間違ってるよねーー。自身が彼の言うところの宇宙の力となり悪人に制裁を加えてしまっては、やはり殺人だもんねー。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/333-e00409da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。