上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリーガン、いつもと違ってスーツ姿、髪もピチっと・・・そうフラッシュバックする昔の感じなので
こりゃまた夢か?前回、家族の安全優先で永遠の別れを告げた家にたたずんで・・・だったし~っと思って見ていたんだが、しっかり現実で(爆)、そりゃOSCにもスーツ姿でクリーガン登場すりゃ、同僚達も皆驚くだろう~。

モーニングパーソンと呼ばれる暗殺者が、一家の両親を射殺。残された少年が行方不明となる事件。
ほどなく近くのモーテルから連絡が入り、その少年を連れていたウクライナ出身の若い女性が捕らえられる。少年エディは無事で、女性アビーの言い分によると、自分の息子らしい。
さっそく行われたDNA検査でも二人が親子であることが判明。
射殺された夫妻の家宅捜査により、彼らがウクライナを訪ねたことがあったことが判明。
さらにアビーの死亡診断書が発見され~。

出産間もなくウクライナで誘拐されたエディが養子斡旋業者の手によって夫妻の手に渡っていた。
その母親アビーは死亡していると夫妻は聞かされていた。
同様な手口で何件もの斡旋が行われており、ほぼ人身売買状態。
アビーは何年もかかってようやく自分の息子の所在にたどり着き、夫妻の元を訪ねていた。
夫妻が施設の違法行為に気付き問い合わせたことから、口封じに暗殺者が送られたらしい。
たまたまアビーの手によりエディ少年だけは助かった。
施設の実態を探るべく、ブランカが単身、囮捜査としてウクライナに乗り込む。
やはり少女を斡旋され、その違法行為が確認される。少女を現地でインターポールの捜査官らに打ち合わせどおり受け渡すはずだったが、少女の身の上を案じてしまったブランカは連れて帰国してしまう。これにはさすがにボス、ハンクも激怒。勝手な行動に停職処分が命じられるブランカ。(微妙にクリーガン化したんでは・・・っと。)

一方、クリーガンやリバースに伴われて移送中のアビーが、またモーニングパーソンの狙撃にあう。
アビーは負傷するものの、リバースとクリーガンに守られ、クリーガンはリバースの援護を受けながらモーニングパーソンに接近して倒す。
おそらく事件は解決となり、アビーは願いどおり息子エディを引き取れたらしい。
そしてともに強制送還となるのかな~?

最後には、またいつもの私服に戻って、今や売家となった家族の家で、ビニールプールを抱きしめて悲しみにひとしきり慟哭するクリーガン。
一緒に飲みに行くことを誘ったり、静かにクリーガンの様子を見守ったり、リバース、なかなか良いキャラとなってて、安心。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/337-358a9869

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。