上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冒頭のデービッドの夢は・・・・もうコレは、強烈な悪夢ですよねーー(爆)
コワイわ、いきなりパティが上にこられたひにゃ(>_<)
(デービッドのその後を考えると、凶兆としか~ (((((^^;))
そんなデービッドとエレンがパティの別荘に滞在している頃、パティとトムは~。
今後のエレンについての密談(?)
ケイティに繋がり、グレッグに繋がり、グレッグの利用価値があるうちは、エレンにも利用価値がある、とのパティの見解。
そして、そこにグレッグ轢き逃げされる~の知らせが届くわけね、で、一気にエレンの利用価値も消滅と。手のひらを返したように、フロビシャーの宣誓証言からエレンを外すパティ。
そして、フィスクからアーリントンの件は不利になるしパティが突いてくることは間違いないが自分にはどうすることもできないと言われたフロビシャーは、マスコミの前に自らその女性の父親と一緒に現れ当時の状況説明をすると言う先手を取る。
あのフロビシャーが自分の考えでそうゆう作戦を?っと不思議だったくらいだが、このことはフィスクもあのジョージも知らないうちにフロビシャーが独断でやったことらしい。
(そのことで、フィスクとジョージももめてる、この二人も状況険悪だねぇ、一触即発って感じ。)
そして、宣誓証言で突っつくポイントをかわされた形のパティ側、エレンはジョージが逆に漏らして利用したのではないかと会って確かめると言うが、エレンには手出しをさせないつもりのパティは即効却下。しかし、ハイそうですかと引き下がるエレンでももちろんないようで、ジョージに連絡を取って会ってみたり・・・。(写真を撮ってたのは誰?)
当時のジョージのフロビシャーに対する追求具合に疑問を感じていた過去のメンバーに直接会って話も聞くエレン。ジョージの狸オヤジぶりに確信もするのだが、その件をパティに報告しようと調査した資料を持って行くと、勝手な行動にパティは激怒!たまりかねたエレンもついにブチ切れ衝突。解雇を言い渡される。
一方、例の証人訓練の成果が現れてるのか、アーリントンの件で先手を打てたのが効いたのか、フロビシャーの宣誓証言は、2度目までそれなりにそつなく終了する。
そしていよいよ3度目の証言の日、その直前にフィスクから妻ホリーが離婚の申請をしたことを聞かされ、さすがに動揺するフロビシャー。
宣誓証言を前にした夫フロビシャーに彼にとってのお守りとも言えるゴルフクラブを持たせたりしていたホリーだったが、やはり離婚は既に決意していた模様で、それでも宣誓証言が済むまでは控えておこうと思っていたところをそそのかした(?)のは、パティと繋がりのある離婚専門の担当弁護士だった模様。(でも、フィスクも、とりあえず証言の直前だったわけで、終わってから報告するわけにはいかなかったのか?それとも、フロビシャーの失敗を読んでわざと?和解に持っていかせたかったから?)
ともかくも、この作戦はしっかりと効いて、3度目の証言では、パティは必要以上に”結婚”やら”家族”だの”失敗”などと、その時点のフロビシャーにとっての”禁句”を責めに責め、彼はついにブチ切れ~、これまでの努力は水の泡。どうでもよくなったフロビシャーは、フィスクに連絡して和解の話をパティにすすめるように告げ、すぐにフィスクは連絡をしてくるが、パティはもちろん応じない。
そして、パティは、エレンが置いていった資料に目を通し連絡するが、エレンは着信拒否。
事件後のエレンに面会したトムは、彼女の言うとおり、とりあえず片付けられたパティの部屋の一部にわずかな血痕を発見する。エレンに報告すると、エレンは自分はパティのしたことを知っていると伝えるようにトムに告げる。車を走らせるパティの靴にも血痕が・・・うーーーん、またこれで今回も終了。
進んだことは、あれだけ双方とも準備にも時間を費やした宣誓証言が、終わっちゃった・・・ってことですかね。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/346-8cfb6502

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。