上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不審な武器輸送情報で埠頭のコンテナの調査にあたっていたディノッゾとジヴァ。いきなりの銃撃戦となりコンテナ内に逃げ込んだところ外側から閉じ込められてしまう事態に。
さらに情報には間違いがあり武器ではなくアルカイダの強力な爆発物だとの報告が入り、急に連絡の途絶えたディノッゾ達を心配し苛立つギブス。
いきなりディノッゾと二人っきりで閉じ込められたのが気に入らないのか(爆)少々閉所恐怖症気味なのか、ジヴァはいつもより動揺気味。ディノッゾは、たとえ携帯の電波が届かなくても、必ずギブスが発見して救出してくれると信じて落ち着いているのと対照的。
コンテナ内の二重構造に気付いたのもディノッゾ。
隠されたベニヤ板の壁を壊し奥を覗くと内部には・・・。情報が間違っていて爆発物~って言ってたし、アラビア文字をジヴァが読解しても危険そうなので、こりゃマズイっと思わせられましたが、
結局中に隠されていたのは大量の紙幣、しかも偽札。
とりあえず危険物ではないことだけはわかったものの、閉じ込められていることには変わりなく、偽紙幣を燃やしてみたりとなんとか外部に知らせようとするが上手くいかず・・・。
埠頭に到着したギブスとマクギーもディノッゾとジヴァの足取りを辿り、車と彼らと銃撃戦になった相手の死体は発見するも、ちょうどその頃には、二人が閉じ込められてコンテナはフォークリフトで場所を移動させられていて~。
次にディノッゾ達が思いついた外部へ知らせる方法は、空気孔から偽札をバラ撒くこと。
たまたま通りかかったオッちゃんが次々と拾い集めていましたが・・・。
アビーの埠頭のカメラ映像の分析により、遺体の男はセネガルのテロリスト、アルカイダの金庫番とされる男の仲間と判明。
そして場所をどこかの倉庫に移動させられたコンテナを待ち構えていたのは、その金庫番らの一味。
さらになんとか発信した携帯の電波をたどりアビーが場所を絞り込み、その連絡を受けた港湾局のチーフ、レイクが現場を探し回るギブスたちに連絡するが・・・。
まぁたぶん、その港湾局のレイクが、あのナッシュ・ブリッジスなどでもじゅうぶん胡散臭かった(?)彼なので(爆)そうゆうことじゃないかと見え見えでしたが、
結局は、ディノッゾの言葉を信じて最優先して目的地にたどり着いたギブスってことよね。
そしてオチは、前夜のジヴァの手料理のディナーにディノッゾだけが招かれていなかったこと~。
アビーやマクギーはもちろんのこと、ギブスまで参加してたし、パーマー君だって呼ばれてたって言うのに・・・・かなり凹んだに違いないディノッゾでした(笑)。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/347-a5960961

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。