上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回のアリソンの夢、主要登場人物二人。ヴィンセントとモーガン。
まずは夜の街を下着姿で裸足で駆けて来たヴィンセント、路地でモーガンと出会い、
妻に殺されそうになり逃げてきたとモーガンにうったえるが、彼は強盗に襲われ自分は死んだのだと言う。その自分の姿が見えるヴィンセントも死んだから見えるのだと・・・そして、不審がるヴィンセントに路地で撃たれて横たわる自分の死体を見せる。
霊同士の鉢合わせ(?)風で始まった今回の話。おそらく殺人事件なのだろうけど、どこかコミカル。
ともかくも妙な夢を見たアリソンは、日曜返上で、そしてブリジットとの約束のジオラマ作りも忘れてまずは強盗に襲われ死体となって運ばれているモーガンの検分。
次にモーガンによってヴィンセントが自分が死体となっている状況を見せられる夢を見て、アリソンはヴィンセントの身元確認にスキャンロンのところへ。そこにはモーガンの多額の保険金を相続したという女性ケイデンスが訪ねてきていた。身寄りのないモーガンは、生前唯一繋がりのあった捨て猫のシェルターを運営するケイデンスを相続人としていたらしい。
モーガンの追悼式に出ることにしたアリソン。教会でモーガン自身に声をかける。ヴィンセントのように同じ死者でもないのに、自分の姿を見ることができるアリソンに驚くモーガン。
殺害犯を捕まえるために~っと言うアリソンにモーガンはその必要は無いとして、姿を消す。
ヴィンセントのほうは、アリソンの夢により自宅で妻グラディスに刺殺された彼がノコギリでバラバラにされ庭に埋められたことまでわかったことにより発見され妻は逮捕される。
だが、モーガンのほうは、ただの強盗による殺人じゃないと思ったアリソンはモーガンの自宅を訪ね、
向かいのマンションに、まさにその窓に椅子を向けて外を眺めるのが趣味なモーガンの目の前にケイデンスの部屋が見えることに気付くが、モーガンは何もアリソンに語ろうとしない。
さらに夢で事の真相をモーガンがヴィンセントにまさに語ろうとしているところを見るアリソンだったのだが、アリソンに気付かれることをまるで怖れるかのようにモーガンはこれ以上踏み込むなら毎晩悪夢を見せるぞと脅してくる。まずはケイデンスを検事局に呼んで聴取するアリソン達だったが、同席(?)するモーガンは、彼女には関係のないことだと怒り心頭、やめさせようとする。対抗するアリソンはケイデンスにモーガンがこっそりと自宅から目の前の彼女の部屋を眺めていた可能性があると告げると、たまらずモーガンは自分の死のいきさつを語り始める。孤独で死ぬことばかりを考えていた彼だったのだが、ある日ケイデンスの姿を見て一目惚れ、猫アレルギーなのに彼女と接する唯一の時間を楽しむためにセッセと猫を引き取る手続きを・・・。
そんなモーガンの気持ちを利用したのは、ケイデンスの存在をモーガンに教えてもらった幼なじみの親友ニックだった。路地で強盗にあったように見せかけ、保険金を全てケイデンスに贈る計画を立てたのもニックで撃ったのも彼。そして自分はこっそりとケイデンスに近付き、モーガンが知らないうちに婚約者になっていた。全てを自分の物にする計画だったわけだが、モーガンの所持金を奪って質屋で婚約指輪を買っていた動かぬ証拠が発見される。
(ニック・・・クリミナルマインドに続いてこちらにも登場のCSIマイアミのヘイゲン刑事。またイイ役柄じゃなかったねぇ~ (((((^^;))
二人とも死者となった後で出会って真の親友となれたモーガンとヴィンセント。
ともに哀しい死となったわけだけれど、仲良く一緒に旅立てたのが微笑ましく救いとなったお話デシタ。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/355-859767fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。