上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時は一年前、何かを見つめながら嘆く男。
彼が見ているTV画面に映し出されているのは、在りし日のダイアナ妃。
そして彼は銃を手にし自らの命を絶つ。すぐに彼の側に現れた女性は(しかしやけに冷静)あの連中のせいだとつぶやいて・・・。
(シーズン4の録画ぶんを観始めるのが遅かったため、ちょうどその頃放映日だったこのシーズン最終話はたまらず先に観ちゃったんですが~ (((((^^;)、やっと最初からの攻略アップが追いついた感じ。(爆)既にシーズン5もどんどん経過してますが、これ以降並行して観てたので、チョット妙な感じではあります~(笑))

一年後、冒頭の男の自殺現場にいた女性が、ルースの自宅に侵入して帰りを待っている。
彼女はアンジェラ。自殺した男ピーターはルースの義理の兄であったらしく、彼女は彼の恋人だったらしい。
ピーターはダイアナ妃の警護官であったが酒浸りとなり解雇され、その後アンジェラとは別れたことになっていたが関係は続いていたらしい。アンジェラは元MI-5の一員であった。
アンジェラの話ではピーターの解雇はある陰謀に気付いたため。その陰謀とはかのダイアナ妃の暗殺だと言うのだった。そして、歯に隠しこまれたマイクロフィルムの資料をルースに見せる。
有事対策委員会の会議の文書であり、その中にはハリーの名も。
閲覧付加の極秘文書、それは情報組織によるダイアナ妃の暗殺の証拠だと言うアンジェラ。そしてその真実を追究できずにピーターは自殺したのだと言う。ピーターのためにも真実を暴こうと言うアンジェラを変人扱いしてルースは追い返すのだったが。翌日気になってアンジェラが言っていたハリーのスケジュールを調べると該当する日付にはたしかに会議に出席していた。
そして、ジュリエットがなんとアンジェラを伴って現れる。今や伝説のスパイとして名をはせるアンジェラに皆、目を見張っていたが、ルースだけは、彼女がそこに現れた真意を感じ取るが・・・。

アンジェラは歓迎ムード一色のメンバーを一瞬で凍りつかせる。バッグの中にはビル全体を吹き飛ばすほどの爆弾、そして彼女の手にはその起爆装置のリモコン。ハリーに訓練と称しての建物の封鎖を命じ、ルース以外、彼女の意図が全くわからない一同に説明を始める。有事対策委員会その物の存在をハリーは否定するのだったが、アンジェラは爆弾の入ったバッグとジョーの手を手錠で繋がせともに会議室へ。その間に、メンバーにダイアナ暗殺の陰謀の証拠を見つけて証明させマスコミへも流すことを要求。全てを行えば起爆装置を解除すると言う。(もうこの時点で、かなりなイカレた女にしか見えないんだけど・・・アンジェラ (((((^^;))
伝説のスパイ相手に闘うには、彼女の納得するような陰謀説を作り上げ見せれば良いという結論に達したチーム。
ルースの様子に最初に不審さを感じ取ったアダムは彼女に事情を聞く。昨夜のことを話、さらにファイルやハリーの会議出席のことを確認し、二人でハリーに詰め寄るが、ハリーは否定。アダムはすかさずハリーの嘘を見抜き、ルースはこの情報機関は国じゅうが愛した女性を殺した暗殺組織なのかと興奮する。ハリーに真実を語らせるにはもっと情報が必要と内部データの再確認。
ザファーは、まるで本当に暗殺の真相のような仮説のシナリオを造りだす。ダイアナ妃のパリのトンネルでの事故死がMI5らによって導かれたと思いたくなるようなシナリオだった。
そして、なぜかアナログ(?)な穴掘り作業担当となっていたコリンらの行動はあっさりとアンジェラにバレる。
有事対策委員会が実在していた証拠をハリーに突きつけ、真実を語らせるアダムとルース。
たしかに委員会は存在し、万が一に備えて最悪の場合に想定されるシナリオを考えていたが実際あまりにも酷似する事故が起きてしまい驚きその証拠を隠滅しただけだとわかる。
だが、まずはアンジェラを納得させる必要がある、ザファーの描いたシナリオを渡すと言う案もあったが、造りもので彼女が納得するとも思えず、アンジェラを投降させる役目はやはりルースに。
義兄ピーターとの関係で嘘をアンジェラに語り、彼女の感情をくじけさせる。
これまた本当じゃないのかと思える話っぷり・・・・スパイってやはりただものじゃないわ、怖いわ。(爆)
そして、爆弾は本物だったが起爆装置は無かった。投降したアンジェラをスパイのルールによって国外退去と言うことで放免するわけだが、さすがに新米スパイで爆弾に手錠で繋がれていたジョーはこの処置にご立腹!(アタリマエだぁ~。)
しかし、そこにも実は裏があった、帰されるアンジェラは、書類を盗んで出て行っていた。
もともとはその書類を手に入れる為に彼女が一芝居うっていたのだった。
無くなった書類は、バッキンガム宮殿の新警備体制の報告書。
宮殿の王室には即座に緊急避難命令が出される事態に。アンジェラを本部に置いたあと政府に呼ばれてその場にいなかったジュリエットなど、いったい何が起きたのかさっぱり状況が読めない。
王家は緊急避難場所ペガサスへの移動が速やかに行われ宮殿には異常無し。
だが、そのペガサスこそがこの数ヶ月アンジェラが電気技術者として潜伏していた場所で、既に爆弾がしかけられていて時間は迫っていた。爆弾解除にあたったマルコムが躊躇するなか、アダムが全部の線を切って無事解除。(これも普通に考えると爆発させる気があったかどうか・・・。)
アンジェラの異常とも思える行動に、彼女を始末するしかないと言う決断がアダムとハリーの間で出された直後、建物の屋上から狙撃するアンジェラ。アダムに命中、血を吐いて倒れ、続く~。
ハリーを一回狙ってアダムがかばって助かってましたが、その後アダムに命中したのは、明らかにアダムを狙った風にしか見えなかったけど?全くこの伝説のスパイだかなんだか知らないけどイカレたおばさん、いったい何がしたいのっ!怖すぎマス。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/368-8372d695

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。