上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
付近住民の通報により捜査に入った住居、大量の血痕や脳髄まで発見されるが遺体は無し。
推測ではそのうちの一人は銃撃により負傷しながらも逃れた模様であり、付近の病院に銃創患者の連絡要請をする。タオが休暇でハワイらしく、代わってガブリエルがタオの裏技を使いながら鑑識に照合依頼。脚に銃弾を受けた患者を治療したとの連絡が入りサンチェスとブレンダが向かうが、患者は逃走を図ろうとする・・・が捕獲。その男、ヒューゴはコヨーテと言う組織の手引きで仲間と密入国していた為、送還を怖れて逃げ出したと言う。
交通課が取り締まりを行って発見した不法投棄車両。中に現場から移されたと見られる男二人の死体が。彼らはコヨーテと見られた。殺害されたあと、犯人によほど恨みをかっていたのか顔面にツバを吐きかけられた痕が。
3年前にコヨーテが絡んだ冷凍車が不法投棄され、荷台の冷却装置を切っていたため、その中の不法移民らが多数死亡した事件があった。今回不法投棄車両が発見されたのも同じ建設現場らしい。

そもそも今回のブレンダは、ついてなかったようで(自販機にも嫌われてたみたいだし)、冒頭の現場へ向かう前に不注意から車の接触事故を起し(だから、彼女自身で運転するのは・・・・ねぇ)、しかもぶつけた相手に対する態度もけっこう酷かったし、あれじゃぁカチンとくるわなぁ~。(爆)。服務規程を無視して名刺一つで現場を立ち去ったために、交通課のウエスト警部に延々とマークされることに。車も取り上げられ膨大な報告書提出を求められ大変な騒ぎ。(警部、24のアーロン!ブレンダに手厳しいデス!譲りません。まぁ彼もブレンダに対しよそ者呼ばわりしてカチンとこさせたような気もしますが・・・。)
車を取り上げられ動きが取れないために、フリッツに車を借りようとするブレンダだが、新車を渡すくらいなら・・っと、フリッツは運転手としてこき使われたり、ポープには離婚訴訟での借りを返せとばかりに、ヒューゴの送還をさせないように依頼したり。
3年前の事件で不法移民の被害者として両親を失った息子カルロスに聴取する。
途中、ヒューゴとスレ違わせて相手の顔をそれぞれに確認させる。
ヒューゴは不法移民側ではなく、コヨーテのほうで、カルロスは両親の件を恨み、その復讐をするために再度コヨーテに依頼してわざわざ不法入国をし、今回の犯行に及んでいた。
ヒューゴは否認するが、ブレンダとサンチェスの極秘尋問作戦(ヒューゴを恨むカルロスに、彼と同じ刑務所に入れる・・・っとサンチェスに囁かせたブレンダ、怖い~(>_<))が成功し、カルロスが全てを告白、証言する。法が守ってくれなかった両親の恨みを晴らすための法に背いた正義だった。

今回の事件解決にも役立ったことだし、交通課相手の表彰舞台まで突如お膳立てをポープに要請し・・・無事、膨大な報告書を提出すること無しに(だからって、そのままゴミ箱に捨ててイイのか・・・?(爆))愛車のキーを取り返したブレンダ、毎度、上手い具合に相手を利用して乗り切ってますねー。(笑)
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/389-e970654b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。