上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンサルタントとして検事局に雇われたアリソンだったが
そんなに頻繁に事件の依頼などあるわけもなく
自分の能力にイラつきながら暇を持て余す。
夫やその知人夫婦との食事会で、嘘を見抜いて暫し喜ぶくらい。
凶悪犯の量刑裁判で、死刑の判決を得るために陪審員選びを検討し直す検事の依頼で、
候補者の書類選考の意見を求められるアリソン。
既に雇われている陪審員コンサルタントとの意見が食い違う~。
アリソンの意見を評価し陪審員を選択、全員一致の死刑判決を得る。
ニュース画面に登場したのは、アリソンが毎回夢で見ている犯人の顔とは全く別人だったため、驚くアリソン~。
間違っていたのか?誤認逮捕ではないのか?
しかし、当初から犯人は確定していて、既にDNA鑑定も行われている。問題は量刑だけだったわけで・・・。

今回の最後のオチは、アリソン夫婦が何度も訪れるイタリアンレストラン。アリソンの夢に登場していた”男”は、そのメニューに居た(爆)。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/4-75d81c6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。