上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冒頭、アリソンは、末娘マリーが将来成人した頃、白血病の末期状態で病床にいる夢を見る。
まず傍らに付き添っているのはアリエル。(優しくキレイなお姉さんに成長したようだ。)
もちろんマリーの様子は痛々しい限り・・・。
食事をしてきたと病室に戻ってきたアリソンとジョー。こちらもそれなりに加齢しているのだが・・・。
(アリソンは、まぁそれなりかむしろ控えめな加齢具合なのに、なんかやけにジョーが・・・不自然なほどの老けメイクになってるのが、かなり気に入らないんですけど~ (((((^^;)すごーく爺さんみたいで~(爆))
もう既に抗がん剤の効果も期待できないらしく、時間の問題らしい状態、どうやらブリジットは離れた地方で生活してるらしく、飛行機ですぐ来るようにアリエルに連絡させようとするアリソン。
この夢から覚めて、慌てて主治医にマリーの検査を頼みに行くアリソン。
だからと言って、何の症状も遺伝的要素もない少女に白血病の検査をさせるわけにもいかず、主治医は苦肉の策で血液検査を行う。検査後、何の異常もないと言う診断にホッとするアリソンだったが、それで終わらなかった。庭でボール遊び中のマリーのところに犬が襲ってきて追い払ったものの、夢で見たマリーお気に入りのクマの縫いぐるみが犬にボロボロにされたと同じ状況になってしまう。
これではやはり・・・っと、安心できないアリソンは、ネットで白血病対策についての検索を。
そんなアリソンの判断は間違っていると意見するジョー。そんなにクマの縫いぐるみに拘るなら、いっそ燃やしてしまう!そうすれば未来に縫いぐるみが現れることはない~っと対策を提案するが、アリソンは納得しない。そして白血病を調べていたはずのページに、”ウィロー・エルム”と言うキーワードがズラズラと・・・。
次の夢でこのキーワードの意味を理解するアリソン。マリーの病床で、あの時引越していればこんなことにならなかった・・・っと自分が言っていた。
もうアリソンの頭の中は、”ウィロー・エルム”への引越しでいっぱい。マリーを白血病にしないためには、今の家を売り払ってそこへ引っ越すしか手段はないと確信する。もちろんさらに状況が発展してしまったことでジョーは、困惑するのだが~。
早急に引越しする気満々でウィロー・エルムのモデルハウス見学するアリソンと、渋々従うジョー。
そして、家に戻っては娘達にもその話をするが、ブリジットの話から、今度はこの今の”汚染された家”(とアリソンの中ではなってしまっている)を別の家族が使うことになると、それも気になってしまい途方に暮れる~。また次の夢では、今度はマリーの病死後、その治療についてアリソンは担当医を恨んでおりなんと彼に発砲・・・。ここで、何か自分の夢に誤り、勘違いがあるのではないかと気になってくるアリソンだったのだが~。

その頃、スキャンロンも一つの事件に遭遇していた。薬物常習者の会(そうゆう過去ありましたねー)で知り合ったゲイリーから話があると言われていたものの、集会に彼の姿が無いことが気になる。さらに駐車場には彼の車が停まっていてそのトランクの上にはコーヒーが置かれていたのに。連絡も取れないため部屋を訪ねるスキャンロン。発見したのは過剰摂取で死亡している彼の姿だった。
そして主の居なくなったゲイリーの車のトランクからは瓶詰めのネズミの死体が・・・(>_<)
ゲイリーのルームメイトのディヴィッドに事情を聞く。彼とは研究所仲間らしく、化学物質の毒性調査をしていたらしい。このとき、アリソンにディヴィッドを紹介するスキャンロン、夢で見たマリーの担当医と年齢こそ違うもののそっくり似ていることに気付くアリソン。
とりあえず新居の契約のため手付金を払いに不動産業者を訪ねたアリソン。そこで見たヴィジョンが同じように購入に来た客やその子供が病におかされている姿や、社長から手渡されたコップの水はみるみる黒く変わる様子・・・。発ガン性の物質に汚染されていたのは今の住まいではなく、引越し先として検討した”ウィロー・エルム”だったのだとわかる。もちろん住み替えは無しとするわけだが、勘違いで手付金を無駄にしてしまったと嘆くアリソンに、スキャンロンが~。
ゲイリーたちが毒性の調査を依頼されていたのが、アリソンが購入を考えていたウィロー・エルムの土地だったことを知らせる。ここで二人の夢が繋がる。
さらに、開発販売不動産会社は、ゲイリーたちの調査で毒性がわかったものの、再調査をさせそのデータの改ざんを買収によって異常無しとさせていた。またゲイリーは、その偽の報告に自責の念にかられて(スキャンロンに相談しようとしてたのねー)いたのだが、一方しっかりと買収され、なおも薬物常習者であるルームメイト、ディヴィッドにより、発覚を怖れて、過剰摂取にみせかけ殺害されていた。
ディヴィッドは、スキャンロンによりしっかり状況を見抜かれて逮捕され、自白することに。販売不動産業者社長も有罪が確定する。
強引極まりないアリソン提案の急な買い替え転居指令に、さんざん反対したり異議を唱えていたものの、やっとちょっとだけその気になりかかっていたジョー・・・・買い替えは来世ですって?(爆)
イヤ、無事に落ち着けることになって良かったデス。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/401-f3b38a83

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。