上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
治療室のトニーの意識がようやく戻る。
事故の衝撃もあり妻ミシェルの安否を全く知らないし、知らされていない。容態から今知らせては危険が伴うと伏せられるが、すぐに知ることになる・・。

ロシア大統領の襲撃が失敗に終わったビエルコは、さっそく次の攻撃の準備。
さらに手下のひとりは、どうやらあのリンのダメダメ妹&その男と
なぜか繋がり、CTUのキーカードを手に入れようと接触。

ヘンダーソンの爆発攻撃からかろうじて身を守ったジャックは、
彼のデータが自宅に保管してあるとふみ直行。
そこにはジャックも知るヘンダーソンの妻ミリアムがいた。

車列襲撃犯が所持していた図面がどうやら次のターゲットの建物であるらしく割り出しを急ぐCTU。
今度の標的は大病院。収容患者の避難だけにもかなりの時間がかかる。
カーティスの部隊がターゲットの病院に到着し、
避難誘導とガス発見を急ぐ。
ガスは発見できたが、既にタイマーが作動していて解除に間に合わない。急ぎ密閉装置へ運び込み、なんとかガスの拡散はくいとめる。

逃亡用意か大金を用意して自宅に戻ってきたヘンダーソンは、
ジャックが取り押さえる。
残りのガスの場所をヘンダーソンに吐かせようとするが拒むため
ジャックが取った手段は・・・ウォォ~~過激!!
しかし、それでも事実を隠そうとするヘンダーソン。

CTUキーカード入手にリンの妹などと接触したビエルコの手下。
彼女たちを処刑しキーカードを手中に。これでCTUに入る手段ゲット!
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/41-c752b72f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。