上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドジャースVSジャイアンツ、その特別観覧席での観戦に、仲良く(?)出かけようとしていた非番のフリンとプロベンザ。しかしフリンの車の調子が悪いことから、急遽プロベンザの車を使おうと、そのガレージの扉を上げてみると・・・中には見知らぬ女の死体が転がっていて~。
事件なのだろうけれど、何か冒頭から二人の掛け合い漫才風~(爆)。
だって、一旦上げた扉をまた下ろしてるし(笑)。さらにいちおう通報しようとして、まずはせっかくの野球観戦が先・・・っと、携帯で写真だけ撮って、おーーーい、出かけるんかいっ。
しかし、やはり悪いことはできません、スタジアムに向う途中で、フリンのポンコツ車は動かなくなってしまい~。しょうがなく、戻ってきてガレージの扉を上げると(いったい何度目よ~)、さっき見たはずの死体は消えていて~。大慌てで消えた死体を探す二人。出動要請から殺人課が調査中の現場に到着、死体は同じ女性のようだったが、さっき着ていた服は脱がされて下着姿の死体。
とりあえず、ブレンダの指示だからと嘘を付いて、現場を特捜班のモノと、テイラーから横取りしてしまう二人。そのことが、すぐさまテイラーからポープの耳に届いたから大変!何も知らずに出勤してきたブレンダに食ってかかるポープ。・・・っとそのポープの高圧的な態度に、詳細はわからずとも逆にムっとするブレンダ。そのあとチームに戻って怒りが爆発!非番の二人以外が、まずはトバッチリ。
さらに二人が現れて、ブレンダ直々の尋問。
ブレンダの前でどんどん小さーーーーくなっていくオジサン二人。(爆)
まずは、タオやサンチェス、ダニエルズにもそれぞれ内密に協力させて、最初の死体発見現場となったプロベンザ宅のガレージで現場検証するブレンダ。女性の身元がわかり、その名前を聞いたプロベンザが、見たことはなかったが、前の居住者であったことがわかる。彼女あての郵便物が残っていた。代理母をしていたらしい。
さらに、殺人課が彼女の恋人を連行して聴取。なんとその聴取の邪魔を小細工するブレンダら。
さらには事件の捜査にFBIが絡んでいることにして、フリッツにまで協力を求めようとする~。
死体の女性キャサリンに代理母を依頼していた夫婦をたずねるブレンダとプロベンザ。
彼女を紹介した弁護士も最低だし、キャサリンも麻薬絡みだったりと素性は最悪だったと嘆く夫婦は彼女が殺害されたと聞いても特に驚かない。
その弁護士アランのもとを訪ねるブレンダとフリン。窓から資料を放り逃げようとするアランをしっかり拘束、取調べとなる。キャサリンは2週間前に、また代理母の仕事をしたいと訪ねて来たと言う。
殺人課に拘束中のキャサリンの恋人スコットが何か喋るとプロベンザの車庫のことがバレてはならないと、爆発物警報を鳴らして取り調べを中断させ、やってきたフリッツには無理矢理FBIへのスコットの連行をするふりをさせ・・・フリッツの車のなかで、ブレンダが尋問。
プロベンザのガレージでキャサリンの死体を発見し別場所に遺棄したのは彼だったわけだが、肝心の殺害犯がまだ不明。再び弁護士アランを取り調べて、キャサリンが現れた目的は、かつて自分が代理出産していた4歳になる娘を無理にでも取り戻すことだとわかる。
殺害は、彼女に代理出産を依頼していた夫婦の夫で、娘を奪われるのをふせごうともみ合ううちに殺してしまい、ガレージに遺棄していたのだった。
全てが判明し、事件解決にこぎつけ、さんざん協力させられてしまったチームメンバーからのそれぞれの要求品リストを、フリンとプロベンザに突きつけるブレンダ。
しかし、これを全部揃えるとなると、いったいどのくらい給料が飛んでっちゃうんだろうか~っと言う、なかなかの要求デシタ。まぁそれだけのとんでもない失態をやっちゃった二人だったのよねぇ。(爆)
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/411-ca5cdb00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。