上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイナーのゴミ箱から切断された男性の頭部と脚が発見される。さらに被害者はHIV陽性であること、その顔をサンチェスが見覚えがありポルノ映画の俳優であることも判明。
男は、クリス・マンディ。さっそく彼の自宅を訪ねるブレンダとガブリエル。妻アナリサと赤ちゃんを含む2人の子供達がいて、ブレンダは圧倒される。殺人事件の捜査で身元特定のための歯科記録調査をしたいと訪ねてきたことを告げるが、彼女は夫は今、携帯の連絡が取れないだけで無事のはずだと言う。それでも翌日には、やはり夫が帰ってこないと署にやってくるのだが・・・。HIV感染のことをたずねると、死体がそうなら、夫ではない、HIV陽性のわけがないと主張。夫は陰性のはずだし、自分も18ヶ月前の検査で陰性だったと言う。夫は毎月FITS(感染症検査センター)で検査も受けてると言う。
FITSで確認するが、たしかに彼の検査記録は陰性。しかし死体の検査では陽性。そもそも血液型自体が異なっていた。彼は陽性を隠すために、FITSでは別人が検査していたのか?
ポルノ映画会社を訪ね、マンディの殺害と、彼がFITSの検査結果とは異なり実はHIV陽性だった事実を告げ、彼と仕事上での性交渉の関わりを持った相手を聞くと・・・18ヶ月間の間で数百人と言う女優と関係していて、ポルノ映画業界的にもかなりマズイ事態に。
さらにマンディが保険加入のために検査をし血液検査で陽性として断られていたことがわかり、FITSの検査をわざと別人に依頼していたわけではなく、FITS自体が故意にデータをすり替えた疑いが。
FITSのマンディ担当者フランクが無断欠勤をしていることがわかり彼の自宅に突入するも、逃亡した後の模様。部屋にはマンディが所属するポルノ映画会社のDVDが数多くあった。
どうやら彼が会社からの依頼でデータのすり替えを担当していたらしい。
マンディのデータとすり替えられていたデータの人物は、彼の恋人男性?
ポルノ映画会社を経営する親子の聴取。息子の腕には殺害される前にマンディが噛み付いたとみられる傷が。母からは、息子のマンディ殺害を認める自供が。刺殺したあと、チェーンソーで死体を解体し街のゴミ箱に分けて捨てたらしい。
保険会社の検査で自分がHIV陽性と初めて知り、これまでの検査結果を故意に偽っていた会社に現れて暴れたため、正当防衛で刺殺することになったと息子。
殺害したのは息子だったが、自社の営業のためマンディを使っての撮影継続のために検査結果のすり替え隠蔽を意図的に行っていたのは、経営者の母親のほうだった。
彼女の前に、今回、マンディからHIVを感染させらた被害者であるポルノ女優達の写真を並べるブレンダ。そして最後にはマンディの妻アナリサの写真も。
息子のほうは、聴取にかなり取り乱していたけれど、この母親のほうはどうなの・・・弁護士ともども、なんだかまるで他人事のような顔で~重大な悲劇を招いた罪の意識あるのか?って態度、コワイわ。

そして、今回、冒頭では、ガブリエルがダニエルズとの交際スタートをブレンダに報告。
(わざわざ上司に報告?真面目ねぇ・・・。ブレンダは、自分の職場恋愛イザコザもあってか、なんか応援と言うより邪魔しに入る雰囲気だけど(笑))
さらに、いつもより精神的に不安定な様子のブレンダ。原因は妊娠疑惑。
結局は妊娠してなくて、最後にはホッとしていたのだけれど、検査薬で調べるまでの不安からか、本来ならまず恋人フリッツに相談するはずのことを(フリッツ、バッグから検査薬見つけて状況把握してたしねー)、なんとポープに打ち明け泣き言を言うなんて、こりゃポープも困惑してたけど、そりゃごもっとも、マズイでしょブレンダ。ポープに相談して、どうしろって言うの?彼女の真意にチョット???デシタ。

さて、シーズン3スタート前に、アップを抜かしていたぶん、間に合ったぞ~(^^)v
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/413-90a22927

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。