上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
情報漏えいの調査で次々と疑惑の対象をあたっていたディノッゾとジヴァ。
事情聴取をすっぽかした暗号解読官ヒル大尉宅を訪ねると、彼女は銃で頭を撃ち抜いて死亡していた。部屋には不審な大金も隠されていたことから、彼女がスパイ、発覚を怖れての自殺・・・っと言う線が浮上する。ヒル大尉に限らずということらしいが、法則と数字ばかりが頭を占める暗号解読官、屈折していて内向的で社会性は欠如していて強迫観念があり・・・っと言う上司ドーン大佐の分析。(ちょっと短絡的でないかい~?)
ヒル大尉の検死を行うダッキーと助手のパーマー君だったが、何やらダッキーが急用らしく、まずはパーマー君が一人で任されることに。
ヒル大尉の部屋の再現検証を行うアビーら。現場に誰か別の人物の足跡を発見する。
また、凶器の銃を買ったのは、同じ暗号解読官で既に事情聴取済みのネイブルトン大尉と判明。
連行しギブスによる再事情聴取が行われる。
せっかく1時間もマクギーに並ばせて(?)テイクアウトしてきた評判店のバーガーを一口齧っただけでギブスに取り上げられたディノッゾ。ジヴァと一緒にピザ片手に見学することになってましたねー。(爆)
銃が自分の物であることを認め、ヒル大尉宅に一時的に居候していたことを認めるが、当日は恋人宅に泊まっていたと言うアリバイを主張するネイブルトン大尉。
そこへ部内を詳細に調査したドーン大佐がメモリーカードの紛失が判明したと報告に来る。
管理責任者は、死んだヒル大尉と再事情聴取中のネイブルトン大尉。
徹夜で家宅捜索をしメモリーカードを探すことになるわけだが・・・皆お疲れ気味(爆)。
そしてギブスがシリアルの箱の中からメモリーカードを発見する。
指紋検索でベネズエラの外交官サイモン・ロカがヒット。ヒルから情報を買った彼が、その後、始末したのか?外交特権のあるサイモンを確証がないまま拘束することはできず・・・。このままでは自国へ帰国してしまう~。
まずはヒル大尉の自殺説をひるがえすには、彼女が死の直前に気絶していたことが証明されれば良い。脳の組織を切り取り検査するため、ダッキー不在のまま作業に当たろうとするパーマー君とアビー。ママ付きで(爆)ダッキーが戻ってくる・・・。
(うーーーん、ダッキー宅だけでならともかく、連れてきてまで、すっかり話の雰囲気をドタバタで水を差すこうゆうキャラは、あまり好きじゃないな・・・。)

サイモン・ロカを国外に出さないために、尾行中のジヴァらは車を接触させてみたりするが、実際は、本人は別の車で既に空港へと向っていた。では、空港閉鎖に追い込み出国できない状況にしなければならなくなるのだが・・・。
シリアルの箱に発射残渣があり、真犯人がヒルを撃ちメモリーカードを隠したことも判明。
結局、ヒルの死因を銃殺と言うことを聞くこともなく知っていた大佐の疑惑が浮上、全ての罪を自分の部下に着せていたわけだった。
なんだか、結局は上官、上層部に真犯人が・・・って言うパターン、やけに多くありません?新鮮味に欠けるし、だいいち、そんな腐った環境、大丈夫なんですかねぇ~海軍。 (((((^^;)
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/415-d6cb8e58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。