上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フリン、プロベンザ、タオらは私立探偵レイ・ホッジの葬儀に参列。前職での彼らの元同僚で、なかでも相棒だったフリンは弔辞を・・・思いっきりスベって~っと言うか夫人に顰蹙かってたようですが~(爆)。
いよいよ墓地へ出棺となり、皆で棺を担いで教会からの階段を下りる時、重さに耐えかねたプロベンザが手を離してしまい、あろうことか棺はゴロゴロ転がって~レイの遺体とともに中からはもう一体女性の死体が出てくる。
すかさずこの時点でココが事件現場だとするタオと、またフリン&プロベンザコンビの判断の食い違い。二人は、とりあえず何もなかったように棺にレイの遺体は戻し墓地へ埋葬、済ませてからまた掘り起こして・・・っと、勝手な手順を提案し始める。そしてそのとりあえず~で済ませているとき、タオが報告したのかな、ブレンダ、大慌てで墓地へ到着!またやってくれたわねーーっ!!っとばかりに二人に。そして、もちろんすぐに引き返し、現場での捜査となるのだが、なんせ教会の階段前。次に結婚式が迫っていて、死体とともに封鎖された現場に怒った花嫁が乗り込んできて、ブレンダに猛抗議、ブレンダ殴られる蹴られるな大騒動となり、花嫁の父も加わり、しかもその騒ぎの一部始終が撮影されネットにまで流され・・・。(しかし、いったいどんな花嫁なんだーーー、怒りはわかるけど、攻撃的過ぎ!(概要を聞かされたテイラーなど大うけ、たしかに笑えたけど^_^;))
花嫁らは警察への暴行、捜査妨害で逮捕されるが、彼らも式をだいなしにされて市警を訴える勢い。さらに葬儀途中で終わらせられたレイの遺族も同様。棺に誰だかわからない女の死体が夫の遺体と同居してたら、そりゃ驚くやら~~~ねぇ。
検死解剖の結果、謎の死体の女性、絞殺されたと思われるが、彼女は数多くの美容整形を受けていた。その一部、豊胸手術のおかげで、スー・エメリーと身元判明。
(ここでも、手術希望の女性だと担当医が勘違いして、やれ口がデカいだの口紅の色と塗り方が変だの、ブレンダ、さんざん言われてましたが~(笑))

スーの恋人スコットにも聴取するが、彼が犯行に及ぶには動機がイマイチ、しかも死体を棺に入れることも不可能。しかし、何かしらの関係はあると見られ、とりあえず釈放後盗聴してみると・・・。
結局は、スーにたびたび美容形成を施していたり、彼女に分不相応な住まいを与えていたのは、愛人関係にあった美容形成外科医。愛人関係にあるスーは医師に結婚を迫り拒否されると、その復讐の意味で、彼の顧客の術前、術後の写真を盗んで、本にして出版するとスコットと共謀してスーは医師を脅迫していたらしい。スーを絞殺した医師は、葬儀のために死体に手を加えることができる人物でもあり、またスーらの脅迫によって元刑事の探偵レイに調査を依頼していた。そして、たまたま病死したレイの棺に、絞殺したスーの死体を隠して闇に葬るつもりだったらしい。
(奥さんには、あらぬ疑いをかけられてしまったけれど、レイは単に事件の巻きぞいだったんだ~^_^;)

ところで、結婚式を捜査のために妨害され(爆)、頼んだケータリングなど全て無駄になり(施設にでも寄付すると業者が言っていたのを、ちゃっかりと署に引き取って、皆、さんざん好きなように召し上がってたわねぇ~ウエディングケーキまで(笑))、民事で訴える気満々だったあの暴力新婦とその父親。
形成医も手広くやっていたのか、出版で脅されていた写真の中に、その新婦もしっかりいたものだから・・・一気にブレンダたちが強気に出ることに成功して、事なきを得る。なんせ結婚直前ですものね。(爆)。
さて、ブレンダとの新居を見に行く約束を事件ですっぽかされ、さらに次の予定の出かけに、ブレンダの悩める口紅選びにひとこと言ったら、それがブレンダの捜査のヒントになってしまったフリッツ。
結局、新居を見に行くことはできたんでしょうかしら・・・(笑)。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/425-cfaa5801

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。