上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
麻薬密売人ブライアン・デンプシーが逮捕され、取調べのためディノッゾとジヴァでNCISに護送して来る。護送の車中で、ジヴァの言葉の間違いやらディノッゾの映画のうんちくなどの賑やか(?)なやりとりがあったようだが、何かと生意気な口をきくこの密売人ブライアンをジヴァがエレベーターに乗せ駐車場から移動中だったのだが・・・階に到着したところ、密室の中で彼は死んでいた。
はからずもNCISのエレベーターが現場となり、二人きりだったジヴァは容疑者に。もちろんジヴァは否認するのだが~。
そんななか、この件で至急ジェンに連絡を取りたいギブスが彼女の携帯に強引にかけてみると、なんとジェンは密売人の兄ジェームズ・デンプシーに誘拐されたところだった。
弟の逮捕を受けて、兄ジェームズがその身柄と押収した麻薬の返還をジェンを誘拐し要求してきた。
しかし、肝心のブライアンがエレベーターで急死してしまったのが、まず難題。
ジェンは、ジェームズとその密売人グループのリーダー、アレックスにどこかの飛行場に連行され監禁される。
ジェンの送迎のハイヤーはあったが、そのトランクには運転手の死体が。
以前登場のキャシー捜査官も呼びつけての捜査となるが、ブライアンの急死のこともあり現場捜査に加えられず、さらには気になるブライアンの検死解剖をダッキーにたずねても追い返されるジヴァはイラつく。
また、今回のジェン誘拐、ブライアンの身柄との交換は難しいと意義をとなえるアレックスは、その交換を待たず離陸しようと主張しジェームズと対立、ジェンをその場で始末しようとして、逆にジェンの反撃にあい、さらにはジェームズは意見対立するアレックスを射殺する。
ジェームズから身柄交換の指示の連絡が入るが、交換場所は弟ブライアンが知っているとして告げない。生存確認のためとしてジェンが話した言葉、コートの件でギブスは過去のいきさつから飛行場であることを確信、絞り込み飛行場が特定できる。
ブライアンの死体を運転席にくくりつけ、ディノッゾが足元で隠れて運転、ジヴァが後部座席で約束の時間に到着。近づいてきて、すぐにジェームズに、ブライアンの死はバレるが、いち早くトランクの中に隠れていたギブスが彼を射殺、ジェンも無事救出となる。
(彼らがその前に仲間割れしてて人数が減ってて良かったよねぇ、でなきゃこう上手く仕留められないだろう・・・)
ジェンは、自分の身分上、警護も付けず動いていたことを反省。(議員との食事だったっけ?)
ブライアンの検死解剖結果が出て、彼は先天的にクモ膜下の動脈に欠損があり、死因は動脈瘤破裂だった。言うことを聞かない彼にジヴァが”軽く”お見舞いしたノドへの一発がその起爆剤となった可能性はあるが、ジェン公認でそのことは不問でブライアンの死は病死として終結。
ジェンが人質となったからか、なんかこう、別にどーーでもと言うか、なぜか特にハラハラする展開のなかった事件だった。いや、別に退場をあえて願ったわけじゃないけどねーー(爆)。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/429-bca1b94b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。