上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そして2006年、なぜかハン・ドックと名乗りボクシングジムにいる、テウン。
友人チュンシクの見舞いに訪ねた病院で、悪態をついて自殺騒動を起こしているやはり入院患者であるボラと遭遇。思わず手をつかみ、ホントに死にたかったら頚動脈を切れと告げ、彼女を制す。
自宅に戻ったボラは、冷静になると、病院の男をどこかで会ったような気がすると・・・(そりゃあなた、ボラは少女から成人版にバトンタッチしましたが(笑)テウン、イヤ、ドックはヒョンビンそのままじゃん、気づけよ~~って(爆)。)
そして、ドックは、死んだジョンギュの姿(亡霊?)をたまに見るのねー。
さらにボラは、父親から見合いを強制されたり~、若手医師ゴヌの前で自分の病名(重症筋無力症だって。)をわざと告げてみたり、やはりここでも悪態。でもゴヌは、そんなボラのことを面白いと思った様子。(ゴヌ役、若い頃の福山にチト似。)
うさ晴らしにお供を連れてのショッピング三昧のボラがチュンシクの働く靴店で高ビーお嬢様モードで騒ぎを起こしたところでまたドックと再会。ボラのせいでチュンシュクが店をクビになったのを撤回してもらおうとボラ家を訪ねたところ、ちょうど家を抜け出してパーティーに出かけようとしていたボラと遭遇。さっそく運転手がわりに使われる。向かったパーティーでのもめごともドックがなんとかおさめるが、ボラの勝手さに怒った父が車の盗難届けを出したことから、検問でつかまり一旦留置される二人。そこで、病院での自殺騒ぎのことも含め、ボラの本心を聞こうとするドックに、少し心を開きかけようとするボラだったが・・・。家に戻る前にボラは海のそばの崖に立つ家族の墓(ドックは、ボラ母の墓だと思った様子。)へ付き合わせる。そこに咲くすずらんの花をボラに渡し、”必ず幸せが訪れる”と言う花言葉を教えるドックに思わずボラ号泣。
ボラを家に送り届けたドックを呼びとめ、金目当てだろうと勝手に解釈し暴言を吐くボラ父、ボラが母親の墓へ参って何が悪いのかと告げるドックの言葉に驚く。
実は兄の墓だったわけだが(死んだと聞かされた実母は実際は生きているらしいし)、勝手に行ったことを責める父とボラはまた大喧嘩。思わず実母の元を訪ねたボラだったが(こんな近くに住んでるのね?死んだことにされてた時は別の場所にでも居たのかな?)、既に別の家族での暮らしをしていると思われる実母にやはり本心で接することなどできず、悪態をついて家に戻る。
手を焼いたボラ父はボラを語学留学させるべく手を打つ。(重い病気みたいなのに、大丈夫なのかねぇ。)しかし、ボラは留学に向かう空港への道で行方不明に。
慌ててボラを探すボラ父からドックのところにまで連絡が入り、数日前に、ボラ父の非礼をわびに訪ねてきたボラの様子を思い出し胸騒ぎとともに、直感であの海辺の墓へ急行する。
そこでまさに崖から身を投げようとしているボラを引き止めるドックだった。
せっかく親しくなれると思っていた友ジョンギュを彼の失意の自殺とも思える形で失ったショックをまた繰り返したくない思いのドックだったはず。
そして、このボラとあのジョンギュって、ひょっとして兄妹なわけ?
韓流の流れ的に言うと、絶対そうに違いない。(爆)
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/431-93e25974

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。