上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シーズン1、2にも登場したアリソンの弟マイケルが再登場。
彼は電話での何やら怪しげな”心霊相談”を始めていて、その常連客ターニャ・キングから、パリから戻ったら夫グレゴリーが殺されていた・・・っとの電話を受ける。・・・っと言うのが冒頭のアリソンの夢(?)
そして、現実、早朝、アリソンはスキャンロンから強盗殺人現場への呼び出しを受ける。
事件は、パリから戻った妻が夫が殺害された遺体を発見したと言うのだった。
現場の様子では強盗と鉢合わせした主人が犯人ともみ合いになり火かき棒で殴られ大理石の床に頭を打ち付けて死亡したと見られ、所持する財布や貴金属が奪われていた。

また、アリソン宅にも大事件が。ガレージをアリエルの美術の宿題に占領されているため、家の前にやむを得ず停めていたジョーの車のガラスが割られると言う被害が。車上荒らしではない様子だったが犯人も原因もわからず~。

事件後部屋にこもってロスの霊能者とずっと電話をしてたと言う夫人がアリソンやスキャンロンの前にようやく現れ、事件解決のために彼を呼び寄せようと思うと告げる。
もちろん、アリソンらは反対するのだが・・・・。
すぐにマイケルに連絡を取るアリソン、マイケルも認めるが、自分は娯楽目的の単なる心霊相談者だと言うのだった。

ブリジットが夢で車のガラスを割った犯人を見たとジョーに告げる。そしてその犯人と言うのが、なんと学校の算数の教師ウバシャイアーだとブリジットは言う。さすがに本気にしないジョーとアリソンだったのだが~。

翌朝、マイケルが依頼人ターニャから飛行機代も出してもらったからとアリソン宅にやってくる。
(ところで彼の登場シーンの、スモーク・オン・ザ・ウォーター♪彼のテーマソングか?(爆))
レンタカー代やホテル代も出してもらったが浮かせるためにしばらくアリソン宅に居候を決め込むマイケル。
事件に首を突っ込む彼に、絶対に姉弟であることや、自分の霊能力のことなど明らかにしないように念を押す。でも、なんだかんだ言っても、いつも優しく弟を受け止めるアリソン。
さっそく現場で胡散臭く何かを感じようとしているマイケルに、その家の息子ウェスリーなど思いきり冷ややかな視線。
一方、現場のソファーに触れたアリソンも亡くなったグレゴリーと若い女性のヴィジョンを一瞬見る。
そして、マイケルは、立ち寄ったトイレでなんとグレゴリーの霊と遭遇。彼から直々に犯人像を聞いたマイケル。署で写真の確認をし、前科者なヘンリー・アロンゾと言う男が浮上する。
スキャンロンが彼を逮捕し、麻薬常習者であるアロンゾは、グレゴリーから奪ったと思われる貴重品を質入れしていたこともわかり、見事事件解決か・・っと思われるが~。

学校へ迎えに行ったジョーが校長に呼ばれる。ブリジットが教室でウバシャイアー先生を犯人呼ばわりしたのだと。さっそく謝罪するジョーに、本人からの謝罪が必要と言うウバシャイアー。
ブリジットはジョーに促され、渋々謝るが・・・・納得いかない様子。

今度はアリソン宅のバスルームでグレゴリーの霊に遭遇したマイケル。彼からのメッセージを息子ウェスリーに伝えることを頼まれる。言われるがままにメッセージをウェスリーに伝えるマイケル。
一方、アリソンは、グレゴリーと若い女性モニカのヴィジョンを見ることで、いまひとつひっかかりが消えないのだが、自分の手柄に満足なマイケルは、アリソンに反発する。

結局は、グレゴリーの霊は、マイケルをイイように操り、真犯人である自分の息子をかばっていた。
・・・っと言うのも、そもそもの事件の発端は、息子ウェスリーの恋人モニカのふさわしくない正体を知るグレゴリーが、彼の目を覚まさせることを目的でモニカに接近、そしてその意図を知った彼女と争いになり、さらにはその場を目撃したウェスリーによってグレゴリーはもみ合いになり殺害されてしまう。そしてウェスリーは強盗殺人を装い、貴重品は捨てに行き、たまたま薬中なアロンゾがそれを拾って質入していた。
もちろんアロンゾは事件とは無関係、自分がやろうとしたことで、想定外に息子を親殺しの犯人としてしまったグレゴリーがウェスリーの罪をアロンゾに着せるためにマイケルを利用したのだった。
いち早く真相を知ることになったマイケルをグレゴリーの霊は、大金で買収にかかるが、さすがにマイケル、これは大金に目がくらむことなく、キッチリとアリソンに報告し、ウェスリーやモニカは逮捕され、事件解決。

ウバシャイアー先生の車が自分の車と全く同じだということを知ったジョー、さらに近所に彼女の義妹宅があることをパトロールからの情報で確認し、ブリジットの夢どおり、義妹宅を訪ねたウバシャイアー先生が、自分の車と勘違いしさらにキーが入らないため(あたりまえ~)近くの石でガラスを割り乗ったところやっと別の車だと気付いたんだろうと言う真相を・・・。本人に告げ、ガラス代の請求で不問にふすことにする。これには受け取らずにはいられないウバシャイアー教師。
・・・・ただ、こんな甘くてイイのか・・・って疑問が、この件は残った。
だいいち、自分がそんな暴挙をしておいて、勘違いがわかっても逃げたわけでしょ?
そして、まさに言い当てたブリジットを批判し謝罪を要求する先生って~。そんな教師、信用できないでしょう?ガラス代弁償くらいで多目にみちゃダメだと思うけどもなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/435-e4792546

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。