上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前にヴェロニカパパと短い交際のあった指導員のレベッカ(もう復活は無いのかな?)のもとに、リリーの事件によって深いショックを受けたであろう生徒が次々と呼び出され、カウンセリングを受けさせられている。もちろんヴェロニカの番にもなるわけだが、ヴェロニカにはこの機会に計画があって・・・。
レベッカの隙を狙って、そのデスクに盗聴器を仕込んだヴェロニカ。集めたいのは、呼び出されるそれぞれの生徒との会話。

リックとティムが偽IDでバーのハシゴをし、酔って意識不明状態のティムを病院前にリックが置き去りにした・・・っとラム保安官がやってくる。ティムはいまだ昏睡状態らしい。
偽造IDが学校で横行している元をリックに詰問する保安官に、リックが答えた名前はヴェロニカ。
さっそくヴェロニカのロッカーが調べられ、身に覚えのないIDカードの台紙の山が中から現れたことから、皆の前でラム保安官に逮捕連行されてしまうヴェロニカ。
すぐにパパと親しい弁護士クリフによって保釈して貰えたヴェロニカだったが・・・。

クリスマスパーティーで、不倫相手に父が刺されると言うスキャンダラスな事件を目の当たりにしてローガンは、やはりショックを受けていた。学校でもその件でからかわれ、大喧嘩をして親呼び出しとなったり・・・・当のアーロンが呼び出されてやってきてたけど、まぁ見た目ではそれほど重い傷にはなってなさそう。ただ、アーロンも、事件が週刊誌ネタにされ家庭崩壊の危機に直面し、週刊誌への情報提供者が誰なのか調べるために、キースに依頼に来る。
レベッカの元へ次々呼び出され登場の、ウィーヴィル、ローガン、ダンカン・・・のそれぞれの会話を盗聴し、自分の知らないことがあったことに驚くヴェロニカ。
ローガンと別れたリリーがウィーヴィルと交際していたこと。そして間もなくリリーにウィーヴィルは一方的にフラれショックを受けたこと。ウィーヴィルは本気でリリーを愛していたらしい。
ケンカをして一時的に別れていたローガンとリリーが、決定的に破局したのは、ローガンと他の子とのキスの件をヴェロニカがリリーに告げたから・・・っと、ローガンはヴェロニカを恨んでいた。
姉リリーの死後もその存在を感じたり視線を感じると話すダンカン、その後抗ウツ剤の服用はやめたが、前からの薬は飲んでいると告白。また、事件当日の記憶がスッポリと抜けてることも告げる。
飲み続けている薬とは何なのか?

無実を証明するためには、証言が必要と、嘘を付いたリックに問い詰めると、学校の秘密結社”トリトンズ”の入会儀式をティムと行ってのハシゴの最中、ティムが具合が悪くなってしまったこと。トリトンズの組織の罪はヴェロニカに着せろと言う命令で嘘の証言をしたと言うリック。
トリトンズの調査をすることになり、今回の入会候補のメンバーにはダンカンも含まれていた。
でも、そんなこと、ダンカンもヴェロニカに対して平気でするか~?っと思っていたら、
結局、真相は、リックの犯行。偽IDを作って金儲けしていたのもロッカーに細工をしていたリックで、ティムと偽IDで飲み歩いた際具合悪くなったティムを放置して全く関係の無いトリトンズの儀式のせいにした。トリトンズに候補として声もかからなかったことを恨んでもいたため。
さらにヴェロニカに罪を着せたのは、父親の横領事件をキースの調査で暴かれ家庭崩壊したことがあり恨んでいたかららしい。
ティムの意識は戻り、ダンカンが入会したトリトンズの事件との関係も無いこともわかり少しホッとするヴェロニカ。
そして、アーロンのスキャンダルを流していたのは、その妻リンでロケに出るアーロンに尾行を付けていたりもした。ローガンの前で夫婦喧嘩をしたあと飛び出したリンの車が橋の上で発見され・・・。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/449-52addedf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。