上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アダムは、イラン領事夫人アナとの隠れ家での逢瀬のあと、路上でナイフを持った強盗と思われる男に襲われ、応戦して逆にその男を殴打し瀕死状態にしてしまう。その場で救急車を呼び立ち去るわけだが・・・。その直後、空港での任務に直行しロスに遅れた言い訳をしてた理由によると、やはりウェズは寄宿学校に入れたらしい。(そしてアナとの隠れ家密会も朝まで可能なわけね~)
ジョーも、誰かと朝までベッドをともにし・・・(サッカーのアンリをもっと精悍に若くした感じの人に見えた)それから本部へ出勤。
空港でロスとアダムで待ち受け追跡装置をしかけた男は、ロシアの運び屋セルゲイ・ヴァレンティノ。
起爆装置の設計図をイランに売却するために運んでいると見られ、設計図がイランの手に渡り起爆装置が完成するとアメリカやイスラエルを敵に回し、イランも新たな核保有国となり、第3次世界大戦の危機へと繋がると彼のマークをしたのだが、そんなヴァレンティノが見張りをまいてホテルから消えた。
彼はFSB(元KGB)にもマークされていた。
ジョーの相手、ベン・キャプランは、記者だった。出社した彼のデスクには、なぜかアダムが強盗らしき男ともみ合ってる画像が届いている。
そして、ロスは、極秘にまたヤルタと接触。ヴァレンティノの現在位置を教えてやる代わりに、本部への盗聴装置設置を要求してくるヤルタ。
ロスが引き受けると見失ったヴァレンティノは、言われたとおりの場所に居た。が、既に入国した時の鞄を持っていない、取引は終了したのか?それならすぐに出国しているだろうし・・・。FSBはわざと彼を泳がせてるのか?
ともかくもヴァレンティノを捕らえ本部に連行、身の安全を提供することを方法として提案するアダム。
ジョーは、ベン・キャプランと接触、彼はジョーがスパイであることを感付いていた。
ジョーに、届いたアダムの暴行現場の写真を提示するベン。
そのことを直接アダムに問いただすジョーだったが、アダムの返答はうやむや。
ロスは、無許可で隠れ家に勝手にアナを連れ込んでいることアダムに隠れ家で問いただす。あまりにも危険なことだと言うロスに(そりゃもちろんロス姐さんが正しい!)自分への情報源として居場所の無くなったアナに場所を提供してるだけだと弁解するアダム、ハリーにこの件は内密にしてくれるようにロスに。
本部へ連行されたヴァレンティノだが、尋問されるが途中で隙をみて逃走。既に彼を連行した時に手に入れた電子カードから設計図は手に入れており、わざと解き放って泳がせたのだった。大慌てで貸しローッカーに向かい、入れ替え済みの偽の鞄を取りに行くヴァレンティノ。

アダムは、ロスの協力のもと、ベン・キャプランが得ていた情報、アダムを襲った男はテヘランでの列車爆破事故を追っていたと言うことを知る。そして、ハリーはアダムの帰りを待ち構えており、アダムが取った身勝手な行動を責める。重体だったその男レールは病院で死亡したらしい。アダムは殺人罪に問われたと、身を隠すための金を持参したハリーだった。
ジョーはキャプランに列車爆破は自分達の究極の選択だったことを告げ、優秀なスパイを追放することになったことは、かえってイギリスのためにマイナスだと話す。
アダムの一件で見張り役として内務省から調査班がMI5にしばらく常駐することになった。
アダムは独自の調査でレールは存在しなく、自分を陥れるために利用された男に過ぎなかったことをつかみ、ハリーに連絡を入れた途端、調査班に探知され追われが、そんなアダムを救ったのはジョーに説得されたキャプランだった。彼に画像を送り付けて来たり、ただの酔っ払い男を買収しアダムを追跡する情報屋に仕立てたのは、CIAのホーガン。イランとのことで、アダムの存在がきっと邪魔だったに違いない。ハリーとアダムでそのことを問いただすとともに、ヴァレンティノが運んでいた設計図は既に手に入れ、偽物をつかませていることを話すと、ホーガンの顔色が変わる。CIAは、わざとエラーが出る設計図をイランに与える手配をしていた。そうすることによりイランの研究が10年前に逆戻りする結果となるのだと。それならば、予定通りヴァレンティノに取引を実行させねばならないわけだが、肝心のヴァレンティノは教会で自殺しているところを発見される。
誰かをヴァレンティノに仕立てて取引を完了させる必要が。身元の確認の取れない男、事情を尋問されても何も知らない男、そして取引後にはどこか別場所へ姿を消すことが出来る男・・・を代役に立てる必要となる。そこでアダムがレールの存在のことで調べた浮浪者仲間(?)が条件に合致。急遽仕立て上げた取引は成功する。
そしてアダム、アナはこの件に関しては潔白と信じ、最後の密会の約束をしているのだったが、ヤルタからの情報でその場所に領事の護衛がついてきていることを知ったロス、アダムを始末するための罠だと知り至急連絡をアダムに取ろうとするが、アダムは既にアナに薬をもられていて幻覚を見て(蛇が気持ち悪いっ(>_<))、アナにバスタブに引き入れられ身動きの取れないまま溺死させられる寸前。
危機一髪でロスが駆けつけてアナを捕らえアダムは助かる。
アナは命乞いに究極の情報を。イランは設計図が偽物であることを知り取引をわざと済ませ、MI-5の目をそらさせている隙に、別ルートで起爆装置を手に入れることを進め、核保有国になるのだと告げる。まんまとイランにしてやられたとわかり、呆然とするロスとアダム。
その場でロスは消音装置を銃に付け、アナに向ける。ロス姐さんの形相と迫力、凄まじいものがありました!それに比べると、どうもやはりずっとアダムは問題児というかMI-5のウィークポイントになってるとしか思えないんだけど・・・。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/455-5f66b562

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。