上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本放送は、年明け1月からのスタートらしいですが、そのシーズン3第1話の先行放送でした。
冒頭から山小屋で誰かにあて手紙をしたためる傷心のギデオン、どうやらシーズン2の最後で、”至上最強の敵”ことフランクに友人サラを殺害されたことが大きなショックになっていて、しかし立ち直るために事件解決に没頭しようと取り組んだ事件、アリゾナの大学のキャンパスで起きた殺人事件についてがこれから語られ描かれるらしい。
事件は、女子学生ばかりを狙う連続殺人。地元警察から要請を受けBAUのチームが現地に到着してすぐ、警備は強化され夜間の外出禁止なども出されているなか、新たな被害者が出る。大学構内からのシャトルバスに乗り遅れた直後、また女子学生が襲われた。
催涙スプレーを持っていたが使うことなく、接近してきた犯人に正面から刺殺された被害者。
(ときおり、サラの幻影を見る現場のギデオン・・・。)
犠牲者はいずれもブルネットの女子大生。正面から心臓を一突き、さらにそのあと複数個所刺されているらしい。
そんな現場のプレンティスに電話が。前回登場しては、いきなりホッチナーのリーダーとしての能力を疑い、その権限を奪うことを狙っている上司エリンが、プレンティスに報告を求め圧力をかけてきた。
キャンパスは封鎖されることになり、その前になんとか犯人を突き止めたいチーム。
捜査警察陣にプロファイルを伝える。犯人は大学関係者。テーザー銃を携帯する警備員が浮かび、どの現場にも現れた警備員ネイサン、警察官を志望したが心理テストで落とされた過去を持ち、さらに妻から娘への接近禁止命令も出されていた彼が有力容疑者。非番な彼が次のターゲットに接近している時、捜査チームの追跡が間に合いネイサンを逮捕、次なる被害者は出ずに済んだのだが・・・。
ネイサンに尋問するギデオンだったが、決定的な物的証拠がなく、弁護士を要求され~。
弁護士は彼の釈放を要求するが、ギデオンのプロファイルではネイサンの犯行を確信していて~。
ネイサン拘留中、容疑者逮捕の知らせにホッとしたキャンパスでまた次の犠牲者が出てしまう。
ギデオンは今回の事件は模倣犯によるものとプロファイルするも、ネイサンの拘留中の事件発生のため、すぐに釈放を要求する弁護士。モーガンまでもギデオンのプロファイルに疑念の声をあげる。
そして、釈放されたネイサンに、一人の女子大生アナが自ら接触してきて、チームが監視するなかさらなる悲劇が起きてしまう。彼女には自殺願望があり、ネイサンを釈放させる目的で模倣犯として彼の拘留中に事件を起こしていた。そして、ネイサンに自分を刺殺してもらおうと接触したのだったが・・・。
二人を追跡、その犯行の決定的証言を得られるまで待機中、逆にアナは持参していたナイフでネイサンを刺殺し、さらに追いついたモーガンやプレンティスの制止を聞き入れず、自らも刺して死んでしまう。
釈放されたネイサンと模倣犯であるアナが早々に接触することは予測されなかったことなのか?
モーガンなどからは、そこまで予測していたのではないかとまた疑問をぶつけられるギデオン。
ギデオン自身も、二人の命が失われたことにより、ぐらついてる様子、ホッチナーのなぐさめ(?)、最善の方法だったという肯定もあまり役に立っていなさそうで~。
事件後、戻ったホッチナーへは上司エリンが彼の責任をこの時とばかりに追及し待ち構えていて停職を申し渡す。(で、ここまでホッチナーを目の仇にして彼を失脚させようとしている理由って何か描かれてましたっけ?)
そして、冒頭の山小屋のギデオン、謝罪の手紙を書き終え、手に銃があるのだけれど・・・・。
ギデオンが手紙をあてた人物は?(ホッチじゃないらしいことは文面からあったように思うけど、真っ先にそこに追いかけてくるってギデオンがわかっているのって?やっぱ天才リード君?)
自分のミスで云々と、なんだかすっかり覚悟を決めて~な様子なんだけど、まさか・・・。
ギデオン降板のエピとなるはずで、このあと、停職を命じられたホッチナーも含め、BAUチームの混乱した状況となるわけなんでしょう?続き具合が気になります。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/494-df07f84b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。