上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月初めの”第2回FOX特派員プレミア試写会”の時に観させてもらったS2の第1話、本放送が始まりました。
S1をずっとレンタル鑑賞で攻略した私にとっては、チョコチョコと入るCMが、アタリマエとはいえ少しウザかったですねーー(爆)。
前回もチラっとアップはしましたが、あらためて・・・。
メリンダの街に航空機が墜落したため、その機に搭乗予定だったアンドレアの兄ミッチは便を遅らせて乗らなかったために無事で、しかしミッチの身を案じて店から急遽彼のアパートへ車で急いだアンドレアこそが墜落機の巻き添えになってしまって・・・・っと、言うレギュラー陣の突然の悲劇。
このS2の冒頭には、なぜかアンドレアから携帯に着信し、店で落ち合うことを約束したメリンダが向かい、実は昏睡状態ではあるけど生きていて~っと語ったりするもんだから、
えっ!そうなの、なんとか無事だったの?・・・っと一瞬思ったら、単にメリンダの夢だったし~。
やはり、アンドレアは、事故の犠牲となって、しかも光の中に旅立てず、あの帽子の男(ロマーノと言うらしい)に操られるようにして彷徨える霊として苦しんでました。墓地でメリンダやジムやミッチらに見送られ埋葬されても、そこにはアンドレアの(霊)姿は無く~。
時おり、まるでゾンビ状態の形相のアンドレアになって苦しんでいて痛々しくてなりません。
もちろん、誰より彼女の死を嘆き哀しむメリンダの心痛も・・・。
良き理解者で最愛のパートナーであるジムと同じくらい、メリンダにとってかけがいのない親友であり理解者であったアンドレアだものねー。
メリンダは、帽子の男ロマーノの意図や、その対抗策(?)、そしてなんとか無事にアンドレアを旅立たせてあげるために、ロックランド大学のペイン教授のもとを訪ねる。彼の専門分野は超常現象のようだが、なにぶんにも無礼(?)と言うか変人っぷりで、初対面第一印象最悪~な感じのペインだったが~。
S2では、レギュラー的な存在になるのかなペイン教授役のジェイ・モア君。
メリンダは、とりあえず自分の特殊な能力については触れず、彼から霊にも良い霊と悪い霊が存在することなどを聞く。良い霊は、死者の魂を光の中へ導き愛や幸せを広げることに力を尽くすが、悪い霊はこの世に留め邪悪なモノをうみ増殖させることを目的とする。さらに悪い霊はより強力になるために数多くの魂を取り込もうとし、良い霊から清い魂を奪ってさらにその力を増し無敵な存在へなろうとする・・・っとペインは語る。
再び訪ねたアンドレアのアパートに彼女の人影を見かけたメリンダ、同じようにアパートを訪ねては入れずに困っていたミッチと部屋の中に入ってみると・・・・壁一面に謎の落書きが~。
壁一面と言えば、メリンダの訪問後、ペイン教授のオフィスにも異変が。
壁や天井一面に彼の持つ霊などの資料が貼られ、さらに、関わるなと警告を意味する絵も。
さっそくメリンダに連絡して呼びつけたペインだったが、一面の惨状を眺めて驚きながらもなんだかそのいかにも超常現象っぷりに嬉しそうだったんですが・・・(爆)。(やっぱ変人、一瞬モルダーを重ねてみちゃいましたよ(笑))
そして、ペインは、ロマーノについて調べて、カルト教団の信者の大量集団自殺を導いた人物だったことをメリンダに教える。彼自身も死んでいるのだが、既に邪悪な悪霊が、ロマーノの死でその身体を乗っ取りさらに多くの信者の魂を奪ったことにより強力さを増し、またさらに数多くの魂を狙って自分のパワーアップを図っているのだと言う。
ロマーノに影響され苦しむアンドレアの霊が”始まりに戻る”と言って去ったため、かつて死は終わりではなく”始まり”だと彼女の自分が語ったことを思い出すメリンダ。アンドレアを探して、事故現場へと向うと、やはりアンドレアはそこに居た。彼女は罰を受けて天国へ旅立てないとロマーノに聞かされていた。罰とは、事故で実際死んだのが兄ミッチではなく自分だとわかった時、一瞬でもその自分の死の驚きのあまり、兄のほうの死を望んだからだと・・・。
そんなアンドレアを無事に旅立たせるために、メリンダは店にミッチを伴わせ、兄妹の話を聞く。
ミッチはミッチで、かつて二人の父親が病に倒れたとき、自分は付き添い看取ったが、旅で不在がちなアンドレアはその場に立ち会えず、また父親も彼女の身を心配しながら息を引き取ったことを、その時の怒りにまかせてアンドレアに語らずにいたことをわびる。何にでも積極的なアンドレアに対して羨望していたことも。アンドレアが旅立てないのは、自分ではなくミッチの死を一瞬でも望んだことに対する罰だと聞かされ、兄妹それぞれが詫び、わだかまりも解け、アンドレアは無事に光のなかへ。
店の外から思うように事が運ばなかったことに悔しがるロマーノ。

メリンダの映像を、飛行機事故の街でのインタビューで見かけたシアトルの男、カイルは、必死で検索したりしてメリンダの居場所を探る。
そして何やら彼女とケリをつけるために・・・っとの目的で、シアトルから向ってこようと空港に行ったのだが、IDを車に忘れたことで戻ろうとするとき、車に跳ね飛ばされてしまい・・・。
即死・・・ってことかな?自身の倒れている姿を上空から見てましたが~。
彼とメリンダの関係は?何のケリをつけるためにメリンダの元へいそごうとしていたのか~。
カイル、髭面になって、少々小汚かったけど(なんとなく胡散臭くもあるし)、”ファイナルデスティネーション2”での保安官、マイケル・ランディスですよね。あの時の保安官姿は、凛々しくて、ジムとイイ勝負な気がしたんですが・・・・(爆)、さて今回はどうでしょう。
M・ランディス
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/499-c90a2b11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。