上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結婚を控えた(少々怪しげな男女)デールとロイスは、ロイスが金持ちとの一晩だけの夜遊びデートで小遣い稼ぎ(新婚旅行資金稼ぎ)する話をバーで知り合ったらしい商売女ベッキーにもちかけられていた。
ベッキーとともにホテルの一室に向ったロイスだったが、相手の二人の男達のただならぬ様子に怖気づき、部屋からデールにこっそりと携帯で助けを求めつつ逃げ出そうとしていたが・・・。
結局、ロイスは、ホテルの一室で絞殺され、さらにベッドのマットレスの下(内部?)に死体を隠され数日後に発見される。遺体の指紋は故意に消されていたが、妊娠していたこともわかる。薬物中毒らしい様子でもあったが、この数週間は使用していなかった模様、と同時にうつ病治療薬なのかリチウムが出る。
ホテルの部屋を借りていたのはベルギーの外交官、彼の繋がりからベッキーの存在がわかり、さらに遺体の女性ロイスと繋がる。ベッキーはホテルでベルギー外交官相手に商売をしたあと、彼が帰ったあとのホテルの部屋にロイスを連れてきたらしい。
ベッキーは、別の男から、3人で分けるよう謝礼を貰って、さらに口止めをされていた。
ロイスを殺害する目的でベッキーを含む3人は仕事を依頼されたのか・・・。
ロイスのアパートを調べるとそこに相応しくない名前入りの銀製品を発見、さっそく名前の富豪のヴァン・アッカー夫人を訪ねると、店にロイスが同伴していたと思われる男デールは、その息子で、ロイスは元使用人であり婚約者だった。
薬物常習歴のある息子とは疎遠で、さらに彼がロイスを選んで以来、それまで少し止められていた薬に再び手を出したことで、彼女との結婚を選ぶなら遺産は相続させないと条件を出していたらしい。
そこに帰宅した夫ジェイムソン(デールにとっては継父らしい)は、ベッキーに謝礼を渡してたヤツだ・・・。
ゴーレンらが聞き込みに来たことで、男は、ベッキーに暴力をふるい、3人ですぐ街を去るよう脅す。
一方、ホームレスと化しているデールの住みかがわかり急襲するゴーレンとエイムス。
連行され、ロイスが殺害されたことを聞かされ動揺するデール。
また、ベッキーらにロイス殺害を依頼していたのはジェイムソンであることが判明し、彼を逮捕する。
すると、ヴァン・アッカー夫人は、前夫の遺言で孫ができた場合、ジェイムソンは相続権を失うとされていることを明かし、ジェイムソンのロイス殺害の動機をあえて示す。
溺愛する息子デールの起訴は取り下げられ、ジェイムソンが罪に問われることに。
いきなりの展開に戸惑うジェイムソンだが、ヴァン・アッカー夫人は、何やら満足気。
全ては彼女の策略でもあった。ジェイムソンが馬を売って用意した金のことも知らない、全てはジェイムソンが自己の利益のために勝手に単独でやったこと、自分が息子を溺愛するあまりその女の殺害を指示したことを隠そうとする。
ロイスの筆跡を偽造し手紙を作成し、殺害の事情の全てを知るデールの気持ちを動かし、さらにはゴーレンが、デールにジワジワと迫り、夫人の殺人指令があったことが証言され、夫人も逮捕される。
まぁしかし、富豪とは言え、なんとも病んだ一家だこと。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/505-ed78317e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。