上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妻デニースの目を盗んで愛人を作り、その愛人宅と自宅をせわしなく行き来する弁護士ヘンリー。
愛人アンジーは職場にも電話をしてきて来訪を迫り、また少し時間を作ってとりあえずなんとか駆けつけてきたヘンリーのそっけない態度に今度ばかりはキレて、奥さんとの離婚を迫ろうとすると・・・ヘンリーは、アンジーを浴槽に沈め~。
さらにこのヘンリー、次には何食わぬ顔で別の愛人らしきマリーと食事。また良からぬ企み?
アンジーの死体が発見され、ゴーレンとエイムズは、彼女の職場のバーで聴き込む。
彼女には白人の恋人がいたらしいこともわかる。
さらに、ビーチでストリッパーらしき白人女性の溺死体が・・・。海での溺死ではなく、やはり浴槽での溺死と判明。さらにアンジーとの共通点は、小柄なこと。そして続いて3人目の犠牲者が~。
今度は裁判所員でジョギング中だった。車でひっかけられ、その後絞殺された模様。
アンジーの通話記録から、彼女が依頼人だったタルボット法律事務所があがり、ビーチの死体の女性もこの事務所の依頼人だった。共通の担当者バウワーズは、既に事務所を辞めているということで、
経営者ヘンリー・タルボットに事情を聴くゴーレンら。(もうこの時点で、ゴーレンのヘンリーに対する視線の厳しいこと・・・(爆))
そんなヘンリー、今度はまた別の愛人にごねられている~いったい何人居るんだっ!!
最初のアンジーの時は、奥さんとの離婚を迫る愛人に、ついカっとして凶行に~なのかと思ったけど、
どうやらここまで連続してるとかなり病気らしい。
ゴーレンらは、ヘンリーの話では事務所を首になったというバウワーズに話しを聴きに向う。
彼の話だと、どうやらアンジーら依頼人に対する賠償金の横領もヘンリーはしていたらしいし、ギャンブルや薬にも手を出し金に困っていたらしい。多額の遺産を相続した妻デニースが、唯一の資金源だったと。連続殺人容疑でヘンリー宅の捜索を始まり、妻デニースは呆然とするが~。
4人目の絞殺体が発見される。さらに彼の電話の短縮番号に消去された5個の電話番号があったことから、その愛人は5人居たことが想像され、そのうちの4人が殺害されている。あと残り一人の愛人の身が危ない。消去された番号は復元できないが、不明の伝言が残されていて、その相手が5人目の愛人と思われ、どうやら夜勤のある看護士らしい。
ギャンブルの胴元にヘンリーへ借金催促の電話をかけさせ、彼をおびき出そうとするが、現れたのはヘンリーではなく、妻デニースだった。出張中の夫ヘンリーに代わって借金返済に来ただけだと言い、事件について何か隠してる様子はあるものの、真実を話そうとしないデニース。
5人目の愛人が判明し、職場から帰宅しようとするところを確保、彼女の自宅で次の犯行準備をし待ち構えていたヘンリーを逮捕する。
しかし、殺人容疑としては確固たる証拠があがっていないとカーバー検事補。今の状況で問えるのは違法賭博とコカイン所持しかないと~。そこでヘンリーの本性を引き出し、その醜態を妻デニースに見せ肝心の証言を引き出すという作戦に出る。小柄な女性好みのヘンリーに、うってつけのエイムズを接触させ~。
これだけ連続殺人をし逮捕されているというのに、ヘンリーまんまと懲りずに期待通りに乗ってくるし、やっぱほとんど病気ね。
それにしても、(大男(爆))ゴーレンもヘンリーを威圧し責めまくっていたけれども、こんな小男(?)で、特にそれほど決定的に美形だのセクシーだのどうだのってわけでもないのに、次々と同様な女性が彼にイイように利用されて愛人と化してること自体がそもそもなんとも理解不能。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/514-4b609868

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。