上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全7話と短編だけど、なんだかまた込み入った(?)BBCのドラマが始まった。
初回から怪しげだったりクセモノっぽい人達が次々と出てくるから、こりゃ一回サラっと見ただけでは
何がなんだか(?_?)だぞ・・・って感じだけど(爆)面白そうではある。
主役のジェイソン・アイザックスも渋くて格好良いしね~♪
(ただし、毎回書けはしないかな~観るだけでいっぱいいっぱいかも~ (((((^^;))

駐米イギリス大使のマーク・ブライドンがイギリスからワシントンのダレス空港に戻った直後、入れ違いのようにロンドンへ向う航空機が離陸直後に爆破墜落する。
その機に搭乗し犠牲となった乗客の一人に、マークの友人キャロラインの父ハンリーもいたが、搭乗前にちょうどマークらとすれ違い挨拶を交わしているが、その前に彼が何やらスーツケースを渡していた相手、マークの参事官ニコラスとは互いに初対面を装っていて~。
マークらが空港を車で出て間もなく、離陸した航空機が道路に降ってくるように墜落、乗客乗員は全員死亡、墜落で地上にも犠牲者が出る。乗っていた車も墜落機の残骸が降り注いで危機一髪だったが、思わず車から飛び出し、事故車などから自ら救助をしようとするマーク。
ちょうどその頃、アーミテージ社のパーティーでは、かつてそのCEOを勤め、今は女性国防長官となっているリンがスピーチを始めていた。航空機墜落の知らせが入り、リンはその場から早々にペンタゴンへと向う。また、マークらが帰還した英国大使館でも騒然となっていて~。
この女性国防長官のリン、なかなか怖いスゴミのあるオバサンで・・・テロと言うことであれば、さっそく空港に戦車を配備し敵側にメッセージを送るとする強硬派(?)。
またその頃、どこかの要塞のような施設で実弾での特殊訓練をしている部隊に犠牲者が出た模様。
そしてその死体を身元がわからないようにして山中の川に投げ捨てる部隊。
中央アジアのチルギスタンでイギリス大使をかつて務め、今はチルギスタン政府の人権侵害についての活動家をしているジェームズ・シンクレアが旧友であるマークと密談。(マークにとっては迷惑そう。)その様子を隠し撮りする男もいる。シンクレアの活動は、イギリスとアメリカがともにチルギスタン政府を支持していると言う点で相対するものであるらしい。
また、フロリダの刑務所ではルーク・ガードナーと言うイギリス人の男がアメリカ人少女殺害容疑で死刑囚として収容されていて、その最高裁への再審請求がなされようとしているところだった。面会に大使館の人権担当ジェーンがやってきたが、肝心のルークは非協力的。
事故機の乗客のイギリス人のひとりハッサン・カーンがイスラム教徒としての別名をもち、自爆テロを起した疑惑が浮上。チルギスタンの過激派との関与も。(たしかに席から貨物室の荷物に信号を送って爆破を導いていた様子が彼?)
その報告を受けたリンは、イギリスに対しても激高する。両国間の関係は揺らぐのか。
墜落機に搭乗する前のハンリーから受け取ったスーツケースの中身の、ハンリーと何者かの商談の書類の映像からニコラスは”センタス産業”と言う名を読み取り、ニンマリ~(?_?)
そして彼はその”センタス産業”の倉庫にやってくるが、中は既に空っぽで、今度は落胆?
川に投げ捨てられた部隊の一員の腐乱死体が釣客に発見されFBIが回収に向う。
歯も回収されていたけど、身元判明となるのかな。
開始も危ぶまれた英国大使館主催のレセプションを予定通り行い、事故の追悼帳にリンを一番に記帳させるなどしてイギリスとアメリカの揺るぎない友好関係を強調しようとマークが狙ったのだが、その時バージニア州でイギリス人イスラム教徒が大量に拘束収容されたとの知らせが入り、両国は再び一触即発状態に。
イギリス人による自爆テロだと公にしたことに対して、レセプション後にニコラスは、国防次官スタイルズ宅に猛然と抗議に向った・・・・のかと思ったら、この二人そうゆう関係で~~濃いなぁ~(>_<)(爆)
もう、初回だけで、めいっぱい詰め込まれた状態であまりにも盛りだくさんデス。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/521-2e21afb6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。