上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コルトを盗んだベラのアパートに侵入しコルトを取り戻そうとしたディーンとサム。
しかし既にベラはコルトを持ってその場を離れていて、代わりに地元警察に踏み込まれその場で逮捕されてしまう兄弟。そこには、彼らを追い続けるFBIのヘンリクセン捜査官も加わっていた。
留置される兄弟を、再重要指名手配人物として、地元の保安官らに指示を与え、最大級の警備をしようとするヘンリクセン。さらにFBIへの護送をするため、本部に連絡、彼の上司副長官のスティーブンは、ヘリで彼らの護送のため迎えに来るという。
護送のためのヘリが到着し、さっそくスティーブンが留置所の兄弟に面会するが・・・彼は既に悪魔に取りつかれていて、まずは銃でディーンに発砲、異変に気付いたサムが呪文を唱えスティーブンに取り付いた悪魔の黒い煙はすぐに抜け出ていくが、スティーブンは既に死体だった。
さらに外にいたヘリやFBI、地元保安官事務所のメンバーなど全て悪魔に倒されていて全滅。
外には無数の悪魔が包囲し、兄弟やヘンリクセンと保安官他数名が残るのみとなってしまう。
さらに、兄弟に脱出を提案する保安官をヘンリクセンが射殺してしまう、ヘンリクセンも悪魔がのり移っていた。保安官事務所の秘書で敬虔なクリスチャンのナンシーから奪い取ったロザリオを使って留置所内の便器の水を聖水に変えた((゜O゜;)ゲゲ(爆))サムの案が役に立ち、ヘンリクセンに取り付いていた悪魔を追い払うことに成功。自分の身に起きたことでやっと兄弟を信じる気になったのか、ヘンリクセンも理解を示し、兄弟の味方となる。まずは外部からの悪魔の侵入を防ぐために出入り口に塩をまいたり印を施しろう城が始まる。ディーンが車に魔除けのペンダントを取りに行き、残った者達に配る。
ディーンとサムは、既にその魔除けのタトゥーを入れていた。(あら、いつの間に。)
彼らの窮地に、あのルビーが現れる。外を取り囲む少なくとも30はいるらしい悪魔達を撃退するためにコルトを使えと言うルビーに、盗まれてしまったことを告げると、ルビーはあきれるとともに、彼らを倒すためには手段を選んでる場合ではないと言い、悪魔の一人である自分も犠牲となるが半径二キロ圏内の悪魔を倒す呪文の唯一の作戦を示す。しかし、そのためには、まず清いナンシーを犠牲にする必要もあり、もちろんディーンは大反対。勝ち目は無いとしても、一旦悪魔達を中におびき入れ倒しつつ呪文で撃退する作戦を取ることが決まり、ルビーはその場を離れて行く。
決死の作戦は成功し、兄弟やヘンリクセン、ナンシーらもなんとか無事。
護送途中のヘリの事故で兄弟は死亡したことにすると、理解を示したヘンリクセンは彼らを逃がす。
しかし、兄弟が立ち去った直後の保安官事務所にやってきたのは・・・・。
これが、前に言っていた、サムに代わると言うリーダーだった。
不気味な少女リリスの登場。保安官事務所はガス管の破裂が原因とされる大爆発により、せっかく生き残ったヘンリクセン達も・・・。
兄弟の前に現れ、結局は多くの人間を犠牲にしたと、自分の策に従わなかった兄弟達を批判し、リリスをまくお守りを渡しながら、これからは自分に従うように強く主張するルビーだった。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/531-1d31d0f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。