上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
退職していた捜査官デヴィッド・ロッシが、10年ぶりにBAUに戻ってくる。どうやらストラウスらの要請での復帰ではなく、本人のたっての復職希望だったようで、まず出迎えたストラウスも怪訝な顔。
BAUの創設メンバーであり、退職後は世界中での講演、著書はベストセラーとなっている彼が、何もかつての部下だったホッチの下であえて働く必要性とは。

ハロウィンをひかえたテキサス州郊外の小さな町キャロルトン、帰宅した女性建築家ミシェルは、自宅玄関に自分の写真入りの尋ね人のようなチラシが貼られているのに驚き、友人の夫、ヤーブロー刑事にすぐに相談しに来るも、ハロウィン時期ということもあり単なる悪戯と特に心配に値しないと言われる。とりあえず勤務帰りに様子を見に行く約束をした刑事がミシェル宅を訪ねてみると・・・。
チラシはまた貼られているだけでなく、電気の消えた部屋の中の壁一面や机にも無数のチラシと、”one”と書かれた白いマスクが置かれていて、ミシェルの姿は無い。
数日後、ミシェルはレイプされ顔の皮を鋭利な刃物で切り取られた状態で小川で遺体となって発見される。

伝説のプロファイラー、ロッシの復帰に緊張、興奮するBAUのチーム。ロッシもまた、かつてはもちろん無かった渉外係の存在や現地へ向う専用ジェット機に驚く。
この一件で終わらせようとチームが現地に飛ぶ前に、犯人は次のターゲットを狙い定めていた。
場所はダラス、犬の散歩から戻ったイーニッドは、自宅前の通りに同様なチラシが貼られているのに驚く。
チームがキャロルトン警察に到着した時、ダラスでのイーニッドのチラシが届く。昨夜犬の散歩に出てから彼女は戻らないと。アパートの周辺にビッシリとチラシが貼られていたらしい。
プレンティスとモーガンは、ミシェルの家近辺を調査、犯人が潜んで彼女を監視していたことがわかる。
ホッチとJJは地元刑事とイーニッドの自宅周辺をあたる。
リードとヤーブロー刑事、そしてロッシは、ミシェルの遺体発見現場へ。ロッシは、犯人が遺体が浮かび上がることをおそれて重しを付けていたことから、被害者と犯人に何らかの接点があることをプロファイルする。
そんな時、イーニッドのクレジットカードがダラスのスポーツ用品店での買い物に今朝使われたとガルシアからの報告。買った物はショットガン。さらにイーニッド本人から電話が入る。
ミシェルの事件を知って身の危険を感じショットガンを購入したあと、モーテルに身を潜めて一睡もしないでおびえているらしいことを告げ、助けを求めるイーニッド。モーテルに急行するが、既に彼女の姿はなく、チラシが部屋には散乱・・・そして白いマスクには”two”と。
犯人は隠れるイーニッドをつけてきていて、彼女の携帯を盗聴、警察への通報を待って連れ去った。
中肉中背の白人の男、チラシを貼る男として目撃もされているが誰もコレといった特長を覚えていない。ごく平均的で目立つことの無い男だとプロファイルされる。誰にも無視されるような特長の無い男、”私を見つけて”のチラシのメッセージは、そんな彼自身の叫びであったらしい。
そして、メディアに伏せることを徹底していたはずの仮面の件が、TVのニュースで流され・・・・ロッシが独断で犯人を罵倒するプロファイルとともに広めたらしい。ホッチをはじめ呆然とするチーム。猛然とロッシに抗議するホッチだったが、ロッシは自分のやり方に自信を持ち、犯人からの連絡が入るはずだと言う。ミシェルとイーニッドに共通する職場が判明した頃、激怒した犯人から連絡が入る。
ロッシはありもしない防犯カメラ映像が犯人をとらえていた嘘を告げ、さらに犯人を逆上挑発させる。
そしてプレッシャーをかければ墓穴を掘るタイプだと犯人をプロファイルする。職場のビルを封鎖しチームが急行した時、大勢の人混みに紛れてロビーにいた犯人の動きにすぐに目をとめるロッシ。
背後から近寄り制止を呼びかけるが犯人マックスは銃を抜き応戦しようとしたためロッシに射殺される。ちょうどエレベーター前で中から何も知らずにおりてきて間に入ってしまったモーガン、危ないところでした。マックス宅からイーニッドも発見され救出される。
犯人マックス、たしかに目立たず群集に溶け込むかのような存在ではありましたが、アップで映るとなかなか気色悪いというか、妙に印象に残るタイプな顔立ちじゃ・・・?特に目元あたりには特長ありでしたが。この俳優さん、あのマイケル・ビーンらが出てたTVシリーズ版の”荒野の七人”の一番若い役の人みたいでした。(あの時は、気色悪い・・・っとは、そんなに感じなかったと思ったけどね(爆)。)

事件解決後、ストラウス同様、ホッチもロッシの復帰には何か目的があるのではないかと思いたずねるが、ロッシはやり残したことがあるかも・・・っと言葉を濁す。ガルシアに内密に20年前のある一家の事件を調べてくれるよう頼んでいたし、あのときおり眺めているチャーム(?)が関連しているんだろうかねー。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/533-629c35a9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。