上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
倒したターミネーターの左手部分を探すサラたち。キャメロンがパトロール警官な格好で証拠保管庫に忍び込むが手はそこに無く、FBIのエリソン捜査官のところにあるとわかる。
エリソン捜査官は、そのマシンな左手部分を自宅冷蔵庫に保管しているとともに、サラがかつて精神病棟に収容されていた時の記録、ビデオに目を通していた。そこでサラは取り調べに”未来からマシンが息子を殺しに来る”と語っていた。そして、手元にあるマシンの手・・・。エリソン捜査官は、当時のサラの担当医シルバーマンを訪ねようと決意する。
一方、サラは、そのエリソンの留守宅にしのび込み、マシンの手は見つからなかったが、自分の収容時のビデオを見つけ持ち帰る。
キャメロンは、アンディと組んでチェス大会に出たディミートリの行方を探すべく、バレエ教師をする彼の妹マリアに接近。そこにはディミートリを追っているらしい(借金取り?)ロシア人の男も現れた。

エリソンは、引退したシルバーマンの山小屋を訪ねる。当時の患者サラ・コナーのことをシルバーマンに聴取するが、彼が仕組んだ薬で眠らされてしまい・・・気が付けば縛られていた。
(シルバーマン・・・だって、ミュータント化されちゃってるもんねぇ~(by Xメン)違う違うっ(爆))
シルバーマンは、エリソンを未来からのマシンと思った?彼の脚にナイフまで刺すし~。
キャメロンは、再びバレエ教室で、ディミートリの追手に遭遇、彼を倒しマリアを助け、ディミートリの隠れ家に案内される。彼の話では、チェス大会の日、ある男にタークを盗んでくれるように金で頼まれたのだと。妹の入国時の借金があり返すために引き受け、持ち出せるためにわざと決勝で負けるように仕組んだと白状する。その報酬ではまだ足りずに借金取りに追われているらしい。タークの買い手をディミートリから聞き出し、その場をサッサと離れるキャメロン。その直後、執拗な借金取りの追手に妹ともどもディミートリは始末される。(追手とスレ違ったから、倒して救ってやるのかと思ったら・・・やはりマシンの非情さ?)

エリソンがマシンではないことはわかったシルバーマンだが、エリソンが持って来た証拠のマシンの左手部分を見たあと、エリソンを縛り付けたまま山小屋に火を放ち、自分はマシンの左手を持って逃げようとする。そこへサラが到着。マシンの左手をサラはシルバーマンから奪い、彼を倒し、火に包まれた山小屋からエリソンを救ったみたい。取り戻した左手部分も跡形も無く焼却する。

エリソンのところから持ち帰ったビデオをこっそり見たジョンは少なからずショックを受けていた模様。
サラが取り調べを受けたあと、ジョンの親権放棄の書類にサインしている部分があったから?
そのサインをした直後が、病棟からの脱走をした日、ジョンと再会した日なのだとサラはジョンに真相を告げる。

エリソンは、シルバーマンを以前サラがそうされていたように精神病棟に隔離監禁した。
どうやら間一髪、炎の中から自分を救ってくれたのは、神の手・・・イヤ、サラだったことはわかったらしい。

マリアのバレエ教室で、上半身の動きがロボットっぽいと指摘されていたキャメロン(そりゃマシンだもの・・・(笑))、どんどん学習向上するのか、最後に見せていたバレエの動きは、とてもマシンとは思えぬほど見事だった・・・デレクも驚き見つめてたものねー。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/542-471d7fb5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。