上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
票が割れることもなく満場一致でルークの死刑執行が決まったことに、恩赦の手ごたえも感じていただけに、不審を覚えざるを得ないジェーンやマーク。刑の執行を延期する権限を持つ州知事と交渉しようとマークも予定をキャンセルし知事に会おうとする。
CMCの逮捕者としては別名で登録されているギャリーとルークの繋がりをマシューから聞くジェーン。
さらにかつてCMCはチルギスタンでウズマン大統領に雇われていたことも。
反ウズマンのイーシャン・ボリスビッチが自分の仲介によってリンと会うことになったことを、公使フィルに伝えるマーク。フィルはその危険な賭けとも言える手段に反対する。(まぁこの二人は、どうも考え方と言うか気が合わないみたい。)
ギャリーとの関わりに直接ルークに疑問を投げかけるジェーンだったが、彼は何も語らず、残される母親のことを頼むのみだった。
しかし、そんなルークが、一本の電話を望み、かけた相手はCMCのマッキンタイア。そして彼に向って早くココから自分を出すように迫る。”ブケック”を忘れちゃいないぞ~っと。(ブケックって・・・?)
これまでになく感情を露にするルークだった。
ルークを助けるためにもその死刑には何か裏があることを感じ、ニコラス参事官に伝えるジェーンだったが、証拠がはっきりとするまでは他言は無用だとジェーンを制する。
マークは、フロリダ州知事に面会し、ルークの死刑執行の延期を依頼しようとするが、州知事は聞こうともしない。そんな知事に、委員会の所長に圧力をかけたのが知事である疑いを抱くことを告げるが~。頑なな知事の態度に、マークは知事ですらも脅されたのではないかと思う。
そしてニコラスにその周辺調査を依頼するのだったが・・・。
母親と最後の面会をしたあと、ルークには処刑の時間がやってきてしまう。
マークに調査を頼まれたニコラスからも何の収穫も得られなかったという返事しか。(何だかニコラスは調べる気がない様子に見えたけれど・・・。)
講じる手段はなくなり、やがてルークは薬物処刑されてしまう。
深い哀しみにどちらからともなく求め合うジェーンとマークだった。(そうなるのか・・・って感じだったけど、これはチョット余分かも (((((^^;))
マッキンタイアには処刑が完了したことを誰かが報告。(所長?)
逮捕されたギャリーだったが、CMCが高額の保釈金を用意したことでパスポートは預かり町から出ないことを条件に保釈される。しかし釈放されるや否や、ビニーに始末されるギャリー。どうやら消されるためにギャリーは釈放されたらしい。その結果報告なのか、マッキンタイヤは、クリストファーに、全て片付けたと報告。
また、マークの仲介により、リンとの会談が実現するイーシャンが極秘にしかし物々しい警備体制で公邸へ到着する。
会談前夜、マークは、かつてウズマン支持に回ってしまったことをイーシャンに詫びる。

ルークからの手紙を刑務官バーノンに渡されたジェーンは、その手紙に記されたとおり、タンパのある男を訪ねて、ルークから預かっていたと言う道具を受け取る。
ソレはルークの複数の偽造パスポートや書類、手紙と、1999年の2本のビデオテープだった。
自分の死を覚悟したルークが残したテープには、1999年、CMCの任務でチルギスタンに派遣されブケックと言う村での大量虐殺の様子が映され、リーダー、イーシャンの居所を喋らすためにその妹サイーダ(シンクレアの妻でもある)を一緒に派遣されていたギャリーが射殺、さらにその息子アザムをも手にかけようとしているところをルークがとめていた。
その虐殺をイスラム過激派の仕業と偽って、ウズマンは発表していた。
またもう一本のテープは、旅客機爆破犯とされるハッサンが、イスラム過激派となりすます為の訓練を受けている様子だった。CMCは工作員を養成し過激派組織に潜入させていたらしい。
他にもCMCはウズマンが直接雇ったのではなく、アーミテージ社が依頼したものであるとの証拠となる契約書のコピーもあった。その時のアーミテージ社の責任者は、他でもないリン。
このルークの道具をニコラスに持参したジェーンだったが、ジェーンが他の誰かにこの重大な証拠を見せていないことを確認し、全て自分が預かることを告げるニコラス。マークに知らせてもならない、彼の立場を危うくするからと。決して漏らしてはならないとジェーンに迫るニコラスの鬼気迫る様子に、渡して引き下がるしかないジェーンだった。

リンとイーシャンの極秘会談が行われ、リンは、イーシャン支持の条件としてチルギスタンにおける米軍の駐留継続をあげるが、イーシャンはこれを拒否、チルギスタンの平和と安泰のためには、米軍の撤退を要求し、会談は物別れに終わる。

ジェーンからの証拠を自分のオフィスのデスク深くに隠したニコラスは、その会談の隣室で、マークのペンに何か仕込んでいる。(盗聴器?)
そして会談後のマークとイーシャンのところに、何食わぬ顔で現れるニコラスだった。

そんなニコラス、予告編では誰か若者に金を渡して何かさせてた?誰かを狙わせてた?
フィルに詰め寄っていたようなマークの襟元の血は誰の?
また何か壮絶な展開になってるのだろうか・・・。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/546-42a4032c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。