上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョーダン暗殺に使われた武器の情報がNTACに入るが、
突然のカイル失踪で、トムはそれどころではない。
血相変えて探し回っている。
カイル失踪のこともありショーンをセンターに訪ねた弟ダニーは
元ホームレスで薬物中毒だったリヴ(いつのまにか別人のように
シャキっとなってる(爆))に案内され親しくなる。
ショーンの反対も無視してパーティーに出かける二人だったが・・。

マイアの予知で、追う誰かを捕まえると誰かの身に危険が・・に
戸惑うダイアン。

カイルの行方を追ううち、次第に彼がジョーダン暗殺に関わっているのではないかと言う疑いを深めていくトム。
未来人にまた操られて、意識を失ったままジョーダンを暗殺したのではないかと・・・。NTACやFBIなどの捜査の手が及ぶまえにカイルを見つけ出さなければと、さらに必死に。
パーティー会場で盗んだ鎮痛剤を手に立ち入り禁止区域で捕まってしまうリヴとダニー。
もちろんショーンは腹を立てている。リヴは出ていく覚悟だったが
とりあえずセンターでのステップの降格で済ませる。

前妻リンダにもカイルの行方をたずねるが彼女も知らないと言う。
・・・が、やはりリンダがカイルをかくまっていて~。

アラーナがカイルの部屋から見つけ出したロッカーの鍵。
中味を確認に行くトムとアラーナ。(よくこの場所の鍵だとわかったのね?)
中にはジョーダン暗殺の証拠のブツが。
ちょうどNTACの捜査も始まるところで間一髪。

リンダの言葉からカイルの身柄をかくまっていることを確信したトムは
彼女を尾行し、カイルの潜伏場所へ。
トムにも抵抗して逃げようとするカイルだったが、互いにこれまでのわだかまりなどを話し打ち解け、トムはカイルを飛行機に乗せ遠くに逃がそうとアラーナと手配をする。
ちょうどその頃、ロッカーの捜査にあたるNTACに、
容疑者が逮捕されたという知らせ、護送現場に向かうトムとダイアナに
隙を見て発砲した容疑者からの弾はとんでくるが~。
とりあえず容疑者とみなされた男の逮捕で、急遽カイルの逃亡に待ったをかけ、そのあとトムとカイルで証拠は橋から投棄する。
逮捕時の危険はあったが無事に終わったとダイアンはマイアに告げるが、
ひとこと、マイアは、”まだだよ・・”
キャァァ~~コワイよぉ。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/55-f723239e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。