上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイアミで30歳前後の男性旅行者が次々と殺害される事件が発生。
いずれも”チョークホールド”による絞殺。それだと痕が残らないんだって・・・って”チョークホールド”って何やねん、って思ったら、どうも格闘技などでも使う背後から腕で相手の首を絞める技らしい~~ヘェェ・・・(>_<)
さらに、類似するタイプの旅行者数名が行方不明にもなっているとのことで、現地へ飛ぶチーム。
有数の犯罪都市マイアミ、特に無防備な旅行者は狙われやすいとのことだが(ホレイショのお膝元、さんざんな言われよう~(爆))、昨夜発見されたチャールズ・ルヴェイは現職の刑事だったらしい。
さっそくチームを出迎えたのは、マイアミ警察のロペス刑事、サードウォッチなクルーズ!あんまり変わってないねぇ~~(声も一緒だし(笑))、さっそくモーガンに興味津々なご様子で~熱い視線送ってるし、彼だけ名前速攻で覚えたらしいし(爆)。
ルヴェイはニューオリンズの刑事だったため、その身元確認に、以前S2の18話登場しているラモンテーン刑事も呼ばれていたので、再会となるが・・・。
相棒が殺害されショックを隠せないラモンテーン。・・・っと、あらっ、状況はどうも芳しくないけど、JJとあれ以来、そうゆう関係を築いていたんだ~~へぇぇ(@_@)。
ルヴェイも含め、被害者達には共通の秘密があった。ゲイでありマイアミへの旅はその相手を求めて来ていたものだった。これにより犯人像としても自らゲイであり、またゲイであることを憎んでいる~っと言う条件が加わる。そしてまた同様な被害者が・・・。現場にはルヴェイから奪ったと思われるバッチも落ちていた。犯人は自分自身を憎むあまり殺害した相手に転移し、さらに次の殺人へと・・・。
最初の被害者(行方不明者)と思われたスティーブンの家族に面会し、彼の様子を家族に聴取すると、刑務所の看守を務めるその父親との確執が伺われ、父親からの暴力により、さらに逃避し犯行へと繋がったスティーブンの様子が浮かんでくる。
また次の犯行を続け、さらに犠牲者に”転移”したスティーブン。モーガンとロペスが聞き込みに到着した宿舎にスティーブンはチェックインしていた。応援の到着を待たずして突入するロペス(これまたクルーズ同様!(爆))、無茶なロペスのフォローに回ることになるモーガン。
しかし、モーガンの的を得た説得が功を奏し、スティーブンは投降に応じ、無事に捕まえることができた。ロペスがモーガンより先に前に出て彼に接していたら、まず撃ち殺してただろうなぁ・・・っと、クルーズゆえに(爆)想像してしまう。^_^;そんなロペス、ちゃっかりとモーガンにお誘いかけてましたけどぉ。(やれやれ・・・。)
また、かなり危機的状況に陥ってる模様なJJとラモンテーン。
チームのメンバーに必死で自分との関係を隠そうとしているJJに苛立つというか悲しむラモンテーンと
そんな彼の様子に嫌気さえさしてるように見えたJJだったけれど・・・。
JJが逃げ腰になっていたのは、自分が恋愛で傷つくのを怖れていたからで、チームメンバーは、既にずっと前から彼らのことをお見通し。(プレンティスなど、しきりにラモンテーンのことを褒めて、JJにその気にさせようとしてたのね。まったく世話が焼ける・・・っとばかりに(笑))
あの疎い(?)リード君までちゃーんと今回は気付いてるし。
やっと自分に素直になることに踏み出せたJJがラモンテーンを追いかけて、危機回避。良かった良かった♪
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/579-f97597e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。