上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時間はまた進んで(爆)初回のチェハのコンサート終了後。
帰ろうとするウニョンを呼び止め、強引にパーティーに誘うフィリップ!
(ちょうどドレスを用意していたの?ウニョン用に?用意周到だね~(爆))
パーティー会場では、イナが今の自分の仕事(レコード会社?)の名詞をチェハに渡しCDの件をもちかけようとするが、
僕は君の知ってるチェハじゃない、韓国にも戻るつもりは無いと
キッパリと否定。イナはあまりにも冷たいチェハの言葉にショックを受けるが・・・その直後に、今度はパーティー客の前で、大事な幼なじみとの紹介をされ、戸惑うものの喜ぶ。(なんなんだか・・ねぇ、チェハもイナも^_^;)
そして、チェハは、フィリップが列車で一緒になった彼女を同行しているし、(フィリップの冗談だったのだが)いきなり迫られたと言うフィリップの言葉を真に受け、軽い女だとほとんど敵視状態。
あのクマのセーターも投げてよこすし、ウニョンは、ウニョンで、チェハを最低なヤツだと思い、さらに仲は険悪。
その後も、帰ろうとするウニョンをフィリップが引きとめ、ホテルの手配も。
もちろん、フィリップはイイ人なので、誘われるままについて行ったのだろうけど、異国の地で、けっこうアブナイ行動っすね>ウニョン(爆)

チェハは、夢にうなされていたりする。
その夢と言うのが・・・。
ここで、子供時代のことが交差する。
あのジャイアン(爆)、スホ少年が、やはり・・・。

翌朝は、クリスタル博物館に出かける予定だったウニョン、
借りたドレスとともにお礼の手紙と手作りの貝殻細工をフィリップに残す。偶然、その貝殻細工を見て、さらに彼女の名前が
ウニョンと言うのを聞き、チェハは、いきなり車に乗り込み、
彼女が向かったというクリスタル博物館へ一目散!!
(側に居たイナとフィリップを車で轢きかねない勢いデシタ(爆))
肝心の博物館でも、そこはやっぱり、ウニョンとチェハは、結局はすれ違い、会えずじまいだったのだけど・・・。

あのとき、母の交通事故死もまだ知らないうちに、ソウルの街を二人で彷徨ったあげく、ウニョンは具合悪くなりスホがおぶって病院に緊急入院となったのですね~。そして、そこで、何やらそれからのスホの人生を大きく変える家族(父は冬ソナ・サンヒョク父ですね^_^;)と出会い、
どうやら莫大な費用がかかるというウニョンの手術費用のスポンサーとなってもらうために、スホは彼らのもとに?チェハとして?
あの母親の様子からいくと、実のチェハは亡くなってしまっているのかな?ほとんど人身売買状態でスホはチェハとなったのかしら? (((((^^;)

ともかくも、彼女が手術で死んだと聞かされていたウニョンだとわかったみたいなので、急遽韓国へ渡る決意をしたチェハのようでした。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/58-77eea210

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。