上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モーガンが言うところのBAUのパパとママ、ロッシとホッチ(やっぱロッシがパパでホッチがママってことよねぇ(爆))は、セミナー出席のためボストンへ出張。
今回は二人がボストンで遭遇する事例と、留守番部隊のいつものメンバーが扱う事件(こっちがメイン)との2本立て。(うーーーん、だいたいが重くキツイ事件なので、2本も並立させなくてもイイ気がするんだけど~^_^;)
BAUにストーカー被害に遭って身の危険を訴える女性ケリーが訪ねてくる。弁護士でもあるのだが、そもそもアトランタでストーカーに気付き、住まいをメリーランドに変え、しばらくは落ち着いていたものの、またどうやら同じストーカーがつきまとっている~っとのこと。
警察にももちろん相談したが、特に何らかの被害が出て事件性が問えない限り捜査できないと言うため、困り果てたケリーはBAUに。JJの判断により、チームはメリーランドへ飛ぶ。JJの脳裏には、過去のストーカー被害の相談事例が浮かび、事件として扱えないうちに被害女性が硫酸を浴びせられたと言う苦い経験がある為でもあった。
ケリーのもとへ送りつけられているストーカーからの手紙や写真等の分析によっても、ケリーに対する一方的な偏愛ぶり?がじゅうぶん伺えた。そしてその異常さはさらにエスカレートしていて、ついには遭遇の危険をおかしてまでも、ケリーの家の敷地内に入り込み、愛犬をさらうと言う行為にまで。
ケリーには婚約者ライアンがいて、ストーカーは彼に嫉妬しつつも、どうやら自分の外観を彼に近づけるよう肉体改造や容姿の変化までも行っているらしい。
この婚約者ライアンが、あの近年稀に見る宣伝倒れ(?)なドラマ(あ、正直に言い過ぎでしょうか・・・ (((((^^;))”チャーリー・ジェイド”のチャーリー・ジェイド。少し前には、NCISでその姿をお見かけしましたが、悪役じゃなかったものの、イマイチやはり地味でした・・・だいいち、俳優さんの名前はジェフリー・ピアースって言うんですね、素敵な名前(特に難しくもないし)のような気がするけど、いつまで経ってもやっぱ彼は”チャーリー・ジェイド”かも知れない。(例えばいつまでも”ナセド”であるような脇役怪優さんとは、また違った意味で名前覚えらんない(笑))あ、そういえば、IMDbによると、サラ・コナー クロニクルズのS2後半に(T888だから、きっとマシンな役柄よね)も出てるみたい、また遭遇するなーーきっと、チャーリー・ジェイド(爆)、今度はマシンだぜ~(意外と似合うかも・・・(笑))。
犯人を見極め特定するため、ケリーの身辺調査を事細かく行ったがために、彼女が婚約者にも内緒にしていた事実等も明るみに出てしまったりと、必死な捜査にあたるJJも逆にツライ思いもする。
そして一瞬の隙を突いて、ストーカーに拉致されてしまうケリー。しかし、その前にチームにより万が一ストーカーの手に落ちた場合、さらに彼を逆上させないような細かい注意を聞いていたケリーは忠実に守り、追跡していたチームによって無事救出される。最後まで異常なストーカーでしたが、この状況じゃぁ、きっと精神状態も正常じゃないだろうし、罪には問えないだろうねぇ。ずっとどっかに強制入院させとかなきゃヤバくない?

そして一方、ホッチとロッシのほうは、ボストンで妻が夫を殺害をした事件。かねてからの虐待から犯行に及んでしまったことを訴える弁護側の証言に疑問を抱く検事からの相談だった。被害者宅から一度もDVによる訴えがなかったこと、既に故人となってしまった夫の悪行に押し付けて事件を終わらせるわけにはいかないということだったが・・・。子供達までも妻の愚行を主張するが、全ては殺害された夫の言い分による作り上げられた家族像だった。肉体的暴力は無くても、長年にわたる心理的虐待、外界との遮断、完全な支配を受けていた妻が結果的に夫殺害に至ってしまったわけだった。
こちらも家族間のこととはいえ、あまりにも酷すぎる状況。ましてや、口を揃えて母親を責めるほうに回った子供達だって、別に継母とかそうゆうのじゃないんでしょう?実の母親なんだよね?どれだけ殺された父親が上手く状況を作っていたとしても、四六時中一緒にいて実態を把握できてないって・・・怖すぎる。例え罪は軽く済んでも、母親はじゅぶん病んじゃってるし、子らはああだし、家族の再生は無理よね。
二人っきりの出張中でのホッチとロッシの地味~なオヤジ談議・・・っと言うか嘆き会。
二人合わせるとバツ4だそうで(もちろん3かせいだのはロッシね(笑))。
子供が居なかったから我慢もできず結婚生活も上手く続かなかったかも・・っと、愛する子供が居ても妻に離婚を押し切られてしまった直後のホッチには素直に同調できないロッシのひとことも。

そしてそして、事件解決後のホッとしたところのJJに漂う秘密な雰囲気・・・・。
プレンティスの誘いを疲れたから~っと断り電話した相手は、もちろん前話にも登場の遠距離恋愛な恋人ラモンテーンでしょう、きっと。そして、”妊娠した”って。
だいぶ前にやはりIMDbでの画像で、赤ちゃんを抱えたJJとチームメンバーらの見た気もするし・・・・。前回と言い、今回もたしか、JJの衣装、お腹まわりがそうゆう感じっぽいときがあったような気がするのは、気のせいかしら。実際にJJ役のA・J・クックの妊娠で盛り込まれたエピソードらしいし、次のシーズンにもちゃんとJJの名はあるみたいなので、このシーズンとシーズン間で無事出産に至ったのかな?一方、ラモンテーンは、あと2話ほど再登場っぽいけど、彼らの進展(?)は・・・これも気になる。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/580-1a7892a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。