上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冒頭、猫と一緒に怪獣映画(コレってゴジラ?)をTVで観ていた少女、ガラスの割れる音のあと、彼女の前に覆面の怪しい男の姿が・・・の夢で目が覚めるアリソンだったが、いつもと違うのは、耳が突然聞こえない!アリソンの耳の異常に、すぐに病院に電話をし指示をあおぐジョー、翌朝アリソンは検査を受けることに。ココで登場したのが、あの”LOST”であやしーーーいダーマ・イニシアチブの医師だったりするもんだから、そのまま病院で何か起きるのかと思いましたよ。(結局医師は何でもなかったけど・・・(爆))
突発性難聴と診断されたアリソン、どのくらいの期間がかかるか不明だが、たいていは自然に治るだろう~との話しで様子をみるしかないと言うことだったが。突然の音の無い世界、異常事態に泣き叫び嘆くアリソン。でも、ジョーがしっかりサポートすることですぐに落ち着く。そしてまた同じ少女が誘拐される夢を見る。
そこにシンシア・キーナーから捜査協力の依頼が。聴覚障害のある少女ニコルの誘拐事件が発生し身代金要求があったかららしい。どうやらアリソンの症状は、この事件が影響していると思われ・・・。
耳が聞こえないアリソンのために、シンシアとの事件の状況説明にもジョーが同席し、内容をその場でパソコンで文字で打ってアリソンに伝えるなどの大活躍。(こうゆう時は、ジョーが失業中で協力をすぐに得られて助かったね・・・って感じ(爆)。)
警察に話すなとの犯人の指示により、シンシアの会社が全面的に捜査を請け負ったらしい。
完全に身代金目的の誘拐と思われ、まずは犯人の要求に従えるだけの可能な限りの現金を用意し、ニコルを無事に戻すことだけを優先させようとそれからもたびたび見るアリソンの夢の状況もヒントになっていくが・・・。
それまで覆面をしていた犯人らの顔を偶然隙間からニコルが見てしまう夢をアリソンが見たことで、犯人達が彼女に危険を加える確率が高くなってしまったことで警察への依頼を勧めるシンシアだったが、ニコルの両親、特に継父であるダリンは猛反対。シンシアのアドバイスなど聞こうともしない。母親ローラももちろん娘の身の安全を優先させるあまり、ダリンの言葉に従うしかなく~。
ダリン役、スティーヴン・カルプ。まぁ良い役柄ももちろんやるんですが、妙に怪しいというか悪役もそつなくこなす俳優さんなので、この異常なまでの独断ぶり・・・っと思ったら、やっぱり事件の黒幕(?)で~。ローラの前夫が成した会社を継いだ彼が無茶な経営の為に多額の負債を背負い、元部下らを率いて、ニコルにかけた身代金保険目当てに誘拐事件を計画したものだった。
そのことも、アリソンが夢で見た顔で、シンシアから独自に協力要請を受けたスキャンロンがアリソンに協力し、ダリンの元部下を特定できたからこそ。
負債を補填する金さえ手に入れば無事にニコルを戻して成功~のはずだったが、アリソンの夢どおり顔を見られてしまったために状況が急変、監禁場所に金を持って到着したダリンにより、ニコルは始末されてしまいそうになるが・・・既に場所も判明し急行したシンシアらのチームによってダリンら犯人グループは取り押さえられ、ニコルは無事救出され母親の元へ戻ることが出来た。
それと同時にアリソンの聴力も回復。夢ばかりではなく、その身体状況までも影響を受けちゃう(?)アリソンの能力、まさにミステリーです。
それにしても、今回も捜査にしてもピッタリとアリソンに寄り添いいつも以上に協力するジョーの力や、アリソンが聞こえないまま電話をかけ一方的に話していても、ちゃんとその向こうで彼女の話を優しく聞いているジョーって・・・凄すぎます、この夫婦、無敵ですねー。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/581-2bc42743

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。