上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前々回で、我慢の人フリッツもけっこうキレたな・・・っと思って心配したのに、前回は普通にブレンダのお伴してたし、今回は、冒頭から一緒に朝シャワーですか・・・相変わらずなのね~っと思ってたら、新居探しの件はまだそう言えば宙ぶらりんだった。でも、いくら良さそうな物件だろうと、そんな郊外(?)じゃ特にブレンダには、即却下だろう~っと思うんですけど。

そんな二人の出勤前に13歳の少年セルゲイの失踪の一報が入る。13歳以下の失踪の場合、最重要捜索対象となり共同捜査になる可能性もと、一緒に現場へと向うブレンダとフリッツ。(こうゆう時は、えらく便利でしょうねーー、もちろんフリッツが運転してくれて現場へ急行できるわけだろうし。)
到着してみると、セルゲイは、ロシアからの養子であり、養父母の話しによるとふだんから環境に馴染まぬせいか、問題行動も多く、家出も度々だったということで、失踪の通報も念のためにと思ったらしく、FBIの早々の出動まであり大騒ぎになっていることに戸惑った様子でもあった。
今回も昨夜、姉のテレサと口論後に家を出てから戻らないらしく、家出ではないかとも・・・。
また、口論の相手となったらしい姉のテレサに事情を聴くが、セルゲイのことは弟とも思っていないらしく、勝手に親が養子としてむかえたことに、そしてセルゲイの異常さにかなり敵意むき出し。セルゲイの身の安全を心配するより、そんな彼が犯す罪を心配したほうが良いとも言う。
テレサの案内で見せてもらったセルゲイの自室も、たしかにその異常さぶりもうかがえる。

また、ガレージでは、衝突痕のあるテレサの車が発見されたり、昨夜父親と道で口論していたと言う隣家のタフト氏の庭には怪しい穴が・・。大急ぎで掘り返すと中から出てきたのは、タフト氏の愛犬の死体。どうやらセルゲイとその悪友ジェイソンによって、愛犬は轢き殺されてらしく、隣人タフト氏もセルゲイの異常ぶりに常日頃から大いに困惑、殺意さえ抱いても不思議ではなかった模様。

そんなセルゲイの事件なので、当初の最重要捜索対象の意味合いは否定的となり、問題ありな不良少年の家出・・・としての捜査扱いに変更される。即座にポープが現地に出張っていたのも、そうゆう当初の理由だったみたいだが、唯一フリッツだけは、結論を急ぎすぎると反対気味ではあったのだが~。
問題を起こして自ら失踪した・・・っとの見方から捜査中のそんな署に、今度はセルゲイの養父母のほうから時間が経っても戻らないのはおかしいとやってくる。そして、セルゲイとジェイソンがたびたび侵入しているという下水溝の場所が明らかになり、急行してみると・・・。
そこには、セルゲイの撲殺死体があった。不良少年の家出失踪との判断を急ぎ過ぎたとポープなども反省しきり。まずは、事件解明のために、やはり行方のわからない悪友ジェイソン発見をなんとしてでも~っと言うところに、サンチェスからジェイソン拘束の知らせが。聴取の結果、ジェイソンもじゅうぶん問題児ではあったが、セルゲイには、いろいろと強要されていたことも明らかになる。そしてもちろんセルゲイ殺害をジェイソンは否認。(ジェイソン役、あの「スパイキッズ」の男の子・・・目力は相変わらず印象的~でも大きくなったなぁ。)
そんなジェイソンの証言が端を発し、セルゲイがタフト家の愛犬を轢いたテレサの車を再検証すると、セルゲイの頭部にあった傷痕と同じ痕があった。
さらに、セルゲイの携帯への留守電メッセージを確認するブレンダ。(どうやらここで真相を感じとったらしい?)
テレサを容疑者として逮捕し聴取を行おうとする。両親も慌てて同席するのだが・・・。
結局は、手に負えない養子であるセルゲイの異常ぶりに、凶行に及んでいたのは養父母だった。
テレサがセルゲイの携帯に電話したのは、彼が死んだ後だとポロっと。死亡時刻などまだ不明だったのに。そして、たしかに、親が失踪した子供の携帯に全く電話をしていないのは、おかしいし。
環境適応云々と言うより、生まれ持った何らかの人格障害(?)らしきセルゲイであったようで、養父母も彼の更生のために、いろいろと手を尽くしてみていたらしいが・・・。
失踪の捜査に移ってから、自ら署に様子を探りにきたり、ジェイソンに罪を被せようとしてみたり、あの下水溝へと導いた時の様子からすると、思い余って犯行に及んだ・・・っと言うのももちろんあるのだろうけれど、二人揃ってなんとも作為的な部分も見られて、そこはチョット~。

ブレンダとフリッツの新居探しの件、フリッツは寝室が多く、近くの学校まで拘る。ブレンダさんは~っと言うと、寝室は2つ。学校には特に拘らず・・・・。っと、まぁこの二人の新居探しの問題は、同時に二人の子供作りに対する意味合いも絡んでるってことなのね?
あくまでブレンダの気持ちを尊重し、自分はそれに従う~感のフリッツみたいでした。
この二人は、二人っきりのほうがイイんじゃ~って気がするしね。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/617-a8128063

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。