上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シーズン3のラスト2話ぶんのアップを延々と放置してましたが^_^;
やっと一年ぶりにシーズン4の放送がスタートするので、片付けとこうっと。 (((((^^;)


第23話 遠い記憶(前編)
埠頭で見張りながらディノッゾがしっかり”ユージュアル・サスペクツ”に浸ってるのもよくわかる船の様子。しかも、中にギブスが居ると言うのに、まさに爆発が起き・・・。
担ぎ込まれた病院の集中治療室へ、ジェンやアビーが次々と駆けつけてくる。(入室見張り役な婦長はもちろん、居合わせた患者さんやら皆、呆然。)
一方、現場では、ギブスの容態を心配しながら、黙々と検証する、ディノッゾやマクギーらが。
洗濯室でドラム缶が爆発した模様だったが・・・。
ギブスは、一命はとりとめるが、昏睡状態が続く、それはまるで彼の湾岸戦争の負傷時と同じ様子で~。
ギブスに代わってチームの指揮をとるディノッゾ。やけにギブス風でやっているところも、彼なりにこの非常事態を乗り切るための強がり(?)でもありそう。

第24話 遠い記憶(後編)
湾岸戦争時やかつての妻子のこと、またその報復(?)の瞬間などが昏睡状態な脳裏でかけめぐるなか、ようやく意識が戻るギブス。しかし、心配して覗き込むダッキーの顔も認識できない。
この15年間の記憶をすっぽりと失っていた。爆発に遭遇したことで蘇るツライ過去を封印するため、その期間の一時的な記憶喪失状態に陥ってしまったらしい。
ギブスの過去を探るうちに、これまで深く語られることのなかった過去が明らかになる。彼の出征中に麻薬ディーラーによる海兵隊員の射殺事件を妻が目撃したことで命を狙われ、妻子ともども狙撃による衝突で殺害されていた。ギブスの記憶回復のため、当時の彼の上官マイケル・フランクスが引退後に住むメキシコから招集される。ギブスの蘇る記憶、まるでギブスがマクギー状態で、上官フランクスに仕えているのが面白い。今の彼の原点はココにあったのね。そしてその上官がNCISの任務に失望して引退する時のことも思い出す。記憶が蘇っていく段階で、ケイトがアリに射殺されたこと、そのアリをジヴァが射殺したことなども再び登場。そして記憶は戻ったものの、上層部へ自分の意見が通らず目の前でのテロが防げなかったことで、フランクス同様失望したギブスは、NCISを後にして、フランクスが悠々自適に暮らすメキシコの海辺の地へと・・・。

続くシーズンの再開、もっと早ければ良いのに~っとこの時はもちろん思ったけど、この内容だっただけに、一年と言う間があっても、それはそれなりに良かったのかも~っと、今は改めて思えたりするかな。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/634-05ba349e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。