上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々な前回は、ジヴァのSOS要請にメキシコから戻ってきたギブスでしたが、どうやら今回はFBIの親友(爆)フォーネルの要請に力を貸す模様・・・な冒頭。
あれは、美容院ですかね?お絵描きしながら順番待ちをしている少女に付き添っているフォーネル。(てっきりお爺ちゃんが孫娘の付き添い風なのかと思ったら(シツレイ^_^;)、娘なんだ・・・ (((((^^;)。)
接触してきた男の顔を見て形相を変える。なぜなら殺人犯として獄中にいるはずの元下士官のポールソンだったから。
家を売りに出し荷物整理真っ最中のギブスの所に現れるフォーネル、ポールソンの脱獄のことを伝え、娘と居る時に彼が姿を見せた恐怖を伝えるフォーネルに、力を貸す即答はしなくても、心に決めたには違いないギブスだと思う、やはり娘を持つ(持った)父親の身としてもねぇ。
この捜査のために一時的復職をジェンに申し出るギブスに、彼の退職願を自分のところに預かったままにしていた彼女の小芝居(?)は、この際どうでも良いとして(爆)、ギブスの(一時的?)復職があっさりと決まる。
ポールソンの面会に唯一現れていたと言う元海軍のミッキー老人の家を訪ねるギブスらだったが、既に到着していた彼は、やはり無実を主張し事件の再捜査を要求し、ギブスらが乗りつけた車(ディノッゾのらしい)を奪って逃走すると言う大胆さ、車はすぐに乗り捨てられ発見されるが、情報収集のためかノートパソコンやミッキー老人のコルト拳銃も盗んでいた。彼の向う先は、共犯者ナッシュと思われたが・・・。ポールソン本人から連絡が入り、なかなか再捜査を始めないことに対しての抗議か、事件当時、共犯者を殺害した現場にまるで詳細なCSIの捜査痕のような検証印を多数残しておく。
事件の再捜査に乗り出すが、次々と捜査状況の先回りしてるかのようなポールソンの動きが見え隠れしてみたり、ディノッゾが”キャンプファイア”と称してのチームの作戦会議の様子がICレコーダーに仕込まれた盗聴器によって流れていたことが判明し・・・。
結局は、当時の銀行強盗及び共犯者殺害の容疑、ポールソンはハメられただけで、真犯人はなんと・・・・「ミッキー老人」、まさにポールソンがその自宅に侵入している時、ギブスらも駆けつけ、ギブスは当時の判断ミスをポールソンにわびるとともに、まさかの真犯人逮捕となる。(きっと余生はずっと獄中か・・・て感じだよね。)

そして事件解決後、本格的復帰を決断したギブスが自分のデスクに何事もなかったかのようにドッシリと。チームの他のメンバーの邪魔な荷物はそれぞれの席に積み上げられ、あら、新加入のリー捜査官など持たされたままウロウロ(爆)。
(フレンズのロス並みに)ホワイトニングに失敗したマクギーの歯のピッカリ具合でのラストシーンがまた笑えた。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/640-e6c9f361

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。