上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハリソン捜査官の(偽装)薬物中毒死を、もっともらしくエレンに報告し、パテイの捜査続行を告げるワーナーとその上司。言ってみれば素人なエレンがこんな捜査真っ最中に~っと疑問を抱くほどだが、ホントにどこまで腐ってるんだかこのFBI諸君(爆)。

そして、一ヵ月後、例のホテル一室でのエレンが放った銃声のあと、エレベーターで倒れこむパティを駆けつけて発見したワーナーが携帯で報告(もちろん相手はデイブだろう)。
ところで、この時点で、銃を撃ったと思えるエレンは何処なの?・・・っと言う疑問はとりあえず置いといて~(爆)。

自宅代わりとして使っているホテルのフロントで、偶然パティ夫フィルを見かけるエレン。しかし彼には女性の連れがいたようで・・・。この事実のパティへの処し方に最善の方法は何かワーナーにも相談するエレン。とりあえず今は何もしないほうが~っと言う結論に。
皮肉なもので、そんな時にパティ&フィルのカップルとしての雑誌取材が舞い込んでくる。フィルの浮気を疑うエレンは、理想の夫婦ともてはやされる二人の様子に白々しさを感じた上に、アルティマナショナルの件を最優先にするあまりフロビシャーのことを棚上げしてしまったパティへの怒りがおさまらなかったのか、個人的に探偵を雇い、フィルの浮気の確固たる証拠を掴もうとする。
(この探偵さん役な俳優さん、どうでもイイけど、あのクリミナル・マインドなギデオンを若返らせて全体に少々細く伸ばしたみたいな風な顔の雰囲気じゃない?でも何ら関係なさげだけど~(爆)。)

ケンドリックの不正とこれまで会社に捧げた自分の人生に怒りがおさまらないクレアは、自分がケンドリックに代わってトップに立つことを画策。まずはナンバーツーとして信頼の厚いミッチを利用する策を思いついたらしい。合併に際しケンドリックへの不満を抱く多くの役員の票を集め、トップ交代への内密な動きをすることをミッチに勧めておきながら・・・その一方では、ミッチの裏切り工作をケンドリックにわざと報告。このオバサンもなかなかに野心家デス。

フィンがナビで指示を受けるらしい車を見張るマルコムから、この数日間全く動きがないとの報告を受けるパティ。予定通り決行との指示を出すパティだったが、それはこの車ごと証拠として頂く(盗む)ことだったらしい。あの少々気色の悪い部下がケンドリックに用済みの車の廃棄命令を受けていたことだし、パティの作戦が間に合うことになるっぽいな。そして、同時にあの男から何やらケンドリックに渡されていたブツが・・・それはクレアとダニエルの例の盗撮画像か?



探偵から、フロビシャーと繋がる警備会社が、警察上層部をも抱き込んだ極めて怪しい会社であることの報告を受けるエレン、その報告とともにフィルの浮気現場の動かぬ写真を手に入れ、何食わぬ顔してわざわざメール便に忍ばせパティの手もとに届くようにする。目の前でどんどん顔色が変わっていくパティを確認することもでき、エレン、してやったりな笑み、コワイコワイ。

例の車が姿を消し、慌ててケンドリックに部下は報告。
その頃、車の秘密を探ろうと必死なパティら、走行距離もあまりなく、ほとんど新車同然だが、なぜかナビだけはフル回転させられていたようで、しかも緯度だけの打ち込みと言う謎。ナビを使って何らかの情報をフィンに出していたとすれば~っとさらに分析を進めようとする。

クレアのところへ、率先して造反をもちかけられたミッチが、逆にケンドリックに脅されたことにより、自分には不可能だが協力はすると告げにくる。ミッチではなく、クレアがトップへ立つことに対しての全面協力だ。もちろんそう仕向けたクレアの作戦だったが・・・。

届いた写真からの調べで、フィルの浮気相手も判明したパティ、マルコムがそのついでに調べたフィルの金の動きから、自分と敵対するアルティマナショナルの株を彼が買っていることがわかり、さらに怒りは頂点へ・・・。(自分より多少若くてきれいな美女との密会より、断然コッチのほうがパティにとっては深刻、言ってみれば、エレンはそこを発掘する助けをしたようなものしから・・・意図せずして。)
まぁこのあたりで、写真の送り主が誰であるかがパティには既に読めてたようだった。

役員達の前でケンドリックに引導を渡そうと揚々と現れたクレアの前に待つのは、ただケンドリック一人。全てクレアの動きも読め、おまけにダニエルとの情事の証拠映像までも手に入れているケンドリックには、さすがのクレアもかなわなかった。解雇を言い渡されて、クレアが訪ねた先は、つい昨日までの敵、パティのもと。ケンドリックを叩きのめせるのはパティだけだと、そして今のダニエルなら正しい証言の協力ができるはずだとアドバイスをパティにして去って行くクレア。

パティに送りつけたフィルの浮気写真をパティが自らマスコミに流したことに唖然とするエレン。
自宅に呼びつけられクローゼット等を引っ掻き回して酔いどれているパティに、写真の送り主が自分であることを既に読まれていたことにも驚く。しかし、またしてもこうゆう状況でのこの二人のツーショット、ホントに似たもの同士と言うか一卵性母娘のようなイメージに思えます(爆)。

そして、一ヵ月後、エレンの銃声と、血まみれでエレベーターでしゃがみ込むパティと、そしてどこか別場所であのワーナーに逮捕連行されるエレン・・・。(毎回毎回、小出しデス(笑))
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/670-ad8c610b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。